【いつも3日坊主になってしまうあなたへ】「行動」を「習慣化」させて続けるための3つの方法

習慣化する方法
スポンサーリンク

いつも当ブログを読んでいただきありがとうございます。

 

これまでに色々と「行動」することの重要さを書いてきました。

「夢」は細分化して「目標」、「行動」へ落とし込むと達成できる
前回の記事では目標設定する時には究極の目標を設定することをお伝えしました。今回は夢を細分化して達成する方法をお伝えします。

といいつつもその「行動」をなかなか「習慣化」できず、3日坊主で終わるのはよくある話です。

 

ジョギング、英語、早起き、読書、筋トレ等、私も何度か3日坊主や挫折を経験しました。

しかし、以下に述べる方法を使うことにより「良い習慣」を続けることができました。

今回は「行動」を「習慣」に変える3つの方法をお伝えします。

 

1. 最初は簡単すぎる「行動」を行う

何事も目標を立てた初めの頃はなんとかがんばろうという意志が働いて

がんばるものです。でも3日坊主になったりしてませんか?

それは最初からハードルの高いことを続けようとするからです。

 

例えば、あなたはマラソンを走るために毎朝ジョギングをすることにしました。

しかしこれまで運動経験は全くありません。

にもかかわらず何としてもがんばるぞ!という意気込みで毎日5kmずつ走ることにしました。

 

運動全くやってなかった人がいきなり5km走るのって結構辛いです。

ですので初日に5km走り終えた時点で結構疲れが出て翌日には筋肉痛になります。

 

そして次にやる時、

筋肉痛になって辛い経験が無意識レベルで頭の中に残っているので

脳が「そんな辛いことはやめなさい」と指令を出してきます。

(潜在意識というやつです)

 

こうなっては相当強靭な意志を持っている方でないと

習慣化することはできません。

 

ですので最初は簡単すぎることから始めます

ジョギングなら近所を5分走るだけ。

それでもちょっとキツイと思うのなら最初はウォーキングにするとかです。

 

そうすることにより

「今日は運動できて気持ちよかったなぁ。明日も続けよう。」

と脳が考えます。

この脳が考えるというのが結構重要ですので

次のポイントで詳しく解説します。

 

2. 「快」の感情につなげる

先ほどチラッと登場した潜在意識ですが

この潜在意識意識を味方につけると「行動」は「習慣化」しやすくなります。

 

潜在意識というのは「快」の感情が大好きです。

ですのでやっていて楽しい、気持ちいい、ということですと

脳が「もっとやりなさい」と指令を出してくれます。

 

逆にやっていて辛いことですと「もうやめなさい」という指令が

無意識レベルで脳から飛んできます。

 

ですので最初は習慣化することを目的として

簡単すぎる行動をすることをお勧めします。

ジョギングなら5分、英語の勉強も5分10分で最初は十分です。

 

また、「快」の感情になるために達成感を得ることも重要なポイントです。

何かをやったらちょっとしたプチご褒美を自分にあげる。それが「快」の感情につながります。

例えば私の場合、ある「行動」を終了したら赤えんぴつでガーっと消し込むようにしてます。

そうすることにより、やったぞ!という感情が湧いてきます。

手帳には赤えんぴつを

ちなみに手帳とリフィルはフランクリンプランナー(コンパクトサイズ)

以前紹介しました 夢手帳を使ってます。

 

3. 目標達成した状態をイメージする

習慣化するための3つ目の大切なことは

習慣化した行動を続けた結果達成する目標、

その目標を達成したときの状態を詳細までイメージすることです。

 

・これを達成したとき、どこにいるのか?

・これを達成したとき、誰といるのか?

・これを達成したとき、どんなことをしているのか?

・これを達成したとき、何が見えているのか?

・これを達成したとき、何が聞こえるか?

・そしてこれを達成したとき、自分はどんな気分か?

 

例えば英語を話せるようになるイメージするとします。

達成した時、

 

”外国人の同僚と一緒にコーヒーを飲みながら

洒落たオフィスで歓談をしている。

周りには他にも外国人の同僚、っていうか私は海外で働いている!

聞こえてくるのは当然英語、次のプロジェクトの案件の進め方について。

そして自分の口からスラスラと出てくる英語に自分でも驚いている。”

 

なんていうイメージです。

 

このように達成したイメージを詳細まで持つことによりどうなるでしょうか?

そう、今日一日のあなたの行動が変わってくるのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

いままで何度も挫折したことでも、なんとか続けられそうになりませんか?

特に「目標達成した状態をイメージする」というのは

多くの成功者達が必ずやっていることですので最重要ポイントです。

 

7つの習慣のスティーブン・R・コヴィー博士も

すべてのものは二度つくられる。

第一の想像は知的想像、第二の想像は物的想像である。

ここで言う、第一の想像である知的想像は”イメージすること”

第二の想像である物的想像は”実際に成し遂げること”を指しています。

そしてこれは第2の習慣でもある、

「Begin with the end in mind(終わりを思い描くことから始める)」

ということです。

 

この記事を読んであなたの人生がちょっとだけ豊かになれば幸いです。

最後までお読み頂き本当にありがとうございました。

 


スポンサーリンク
習慣化する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

y-hey

アウトドアライフクリエイターとして 多くの人にキャンプ、登山、旅行 について興味を持ってもらい ”人生を120%楽しんでもらいたい” と考えている男です。 2児の父ですが 単独で南米最高峰アコンカグアや アフリカ最高峰キリマンジャロ を一眼レフカメラと共に登ったりしてます。 (普段は自称イクメンです) ブログは11年書いてまして空手もやってる 多趣味な男です。 もし記事を読んで「役に立った」「面白そう」「笑えるわー」 と思われた方は、いいね、ツイート、はてぶ していただけますと更新の励みになります。 よろしくお願いします!