2017/02/20

【奥飛騨トレイルラン2016 参戦記 1】 初めてのトレイルランニングレース参戦!

 
トレイルランニングの装備

この記事を書いている人 - WRITER -
y-hey
ブロガー・アウトドアライフクリエイターとして 多くの人にキャンプ、登山、旅行について興味を持ってもらい ”人生を120%楽しんでもらいたい”と考えている男です。 2児の父ですが単独で南米最高峰アコンカグアや アフリカ最高峰キリマンジャロを一眼レフカメラと共に登ったり (普段は自称イクメンです)空手もやってる多趣味な男です。 ブログは2005年から書いています。(当サイトは2015年からです) 2017年8月に月間50,000PV突破しました! もし記事を読んで「役に立った」「面白そう」「笑えるわー」 と思われた方は、いいね、ツイート、はてぶ していただけますと更新の励みになります。 よろしくお願いします!
詳しいプロフィールはこちら

いつも当ブログを読んで頂きありがとうございます。

アウトドアライフクリエイターのy-heyです。

 

以前当ブログで発表しました通り、

奥飛騨トレイルラン2016(30km)に出場します!

先週末の2016年6月12日(日)に

自身では初めてとなるトレイルランニングのレース、

第3回奥飛騨トレイルラン2016(距離30km, 累積標高差1,650m)

を走ってきました!

 

まだ足の筋肉痛の痛みが残る中、

レース参戦記を書いていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

トレイルランニングレースに参加した経緯

参戦当日のことを書く前に、なぜトレイルランニングレースに参加したのか?

ということについて書きます。

 

元々y-heyはアフリカ最高峰キリマンジャロに登ったり、

南米最高峰アコンカグアに行ったりするほど

山登りが好きで、マラソンも好きでした。

 

あるとき、トレーニング雑誌「ターザン」で

日本初のプロトレイルランナーである石川弘樹さんの記事が載っていて

それをきっかけに山の中を走る「トレイルランニング」というスポーツに興味がわき、

やってみよう!と思うようになるのは自然の流れでした。

 

その後私は何度もトレイルランニングレースに参加しようとしていました。

しかし、それが開催される日が近づくにつれて

何かと重なり、見事に出られなくなるというハプニング続きでした。

 

その懺悔録をまずはさらしましょう。。。

 

2008年:    夢高原かっとび伊吹2008(距離10km, 累積標高差1,197m)

に参加しようとするも、体調がすぐれず棄権。

 

2011年: 富士見高原八ヶ岳クロスカントリー(距離10km, 累積標高差 210m)

に参加しようとするも、ドイツ出張になり参加できず。

 

2012年:    OSJ新城トレイル2011(距離11km, 累積標高差 1,030m)

に参加しようとするも、準備不足で棄権。

参加賞のTシャツだけ郵送で届く。(

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
y-hey
ブロガー・アウトドアライフクリエイターとして 多くの人にキャンプ、登山、旅行について興味を持ってもらい ”人生を120%楽しんでもらいたい”と考えている男です。 2児の父ですが単独で南米最高峰アコンカグアや アフリカ最高峰キリマンジャロを一眼レフカメラと共に登ったり (普段は自称イクメンです)空手もやってる多趣味な男です。 ブログは2005年から書いています。(当サイトは2015年からです) 2017年8月に月間50,000PV突破しました! もし記事を読んで「役に立った」「面白そう」「笑えるわー」 と思われた方は、いいね、ツイート、はてぶ していただけますと更新の励みになります。 よろしくお願いします!
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© 登っちゃえば? , 2016 All Rights Reserved.