アウトドア・旅行・空手 人生を120%楽しむ情報をお届けするブログ

このブログで使っているテーマ

大門沢小屋の紹介 白峰三山(北岳・間ノ岳・農鳥岳)縦走で活用したい山小屋

 
  2017/09/20
y-hey
WRITER
 
大門沢小屋 外観
この記事を書いている人 - WRITER -
y-hey
ブロガー・アウトドアライフクリエイターとして 多くの人にキャンプ、登山、旅行について興味を持ってもらい ”人生を120%楽しんでもらいたい”と考えている男です。 2児の父ですが単独で南米最高峰アコンカグアや アフリカ最高峰キリマンジャロを一眼レフカメラと共に登ったり (普段は自称イクメンです)空手もやってる多趣味な男です。 ブログは2005年から書いています。(当サイトは2015年からです) 2017年8月に月間50,000PV突破しました! もし記事を読んで「役に立った」「面白そう」「笑えるわー」 と思われた方は、いいね、ツイート、はてぶ していただけますと更新の励みになります。 よろしくお願いします!
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク

いつも当ブログを読んでいただきありがとうございます。
アウトドアライフクリエイターのy-heyです。

今回は2017年9月に行った
南アルプスの白峰三山(しらねさんざん)縦走時に利用した山小屋、
「大門沢小屋」の施設内容を実際に体験した経験から紹介します。

 

大門沢小屋  基本情報

場所:奈良田登山口から登り約4時間

 

標高:1,765m

TEL: 090-7635-4244 (AM7:00-PM6:00)

営業期間:7月1日〜10月中旬

収容人数:100名

テントサイト:約50張り

宿泊料金:

1泊2食8,000円/人
1泊1食7,000円/人
寝具付き素泊まり5,000円/人
素泊まり4,000円/人

幕営(テントサイト)500円/人
休憩(小屋内利用の方)500円/人
シャワー 500円/人

出典:大門沢小屋HP

 

大門沢小屋 外観

大門沢小屋 外観

木造のいい味出している建屋です。食堂は上の写真とは別の建屋にあります。

 

小屋の部屋

今回はテント泊でしたのでチラッとのぞいた中の様子です。

大門沢小屋 小屋内

詳しくは大門沢小屋HPで確認してください。

 

テント場

大門沢小屋 テント場

大体4段くらいになっている平地に約50張り張れます。

我々は上から3段目くらいの場所に幕営しました。

大門沢小屋 テント場2

 

天気が良いとテント場からは富士山が見えますので元気をもらえます。

大門沢小屋 テント場からの風景

 

売店

大門沢小屋 受付・売店

受付&売店ではTシャツやタオルが売られていました。

白峰三山縦走記念タオルとか欲しくなってしまいます♪

 

南アルプスの天然水で冷やされたジュースやビールが売っています。

大門沢小屋 冷えた飲み物

 

この小屋で購入して出た空き缶は最新テクノロジーの空き缶つぶし機により
つぶしてから捨てることができます。

これなら飲んだ後の(通常、山ではゴミはすべて持ち帰りのため)
缶の重さを気にせずに酒が飲めます(笑)

 

まずは石の上に空き缶を置いて構えます。

大門沢小屋 缶潰し機1

 

しっかりと上まで持ち上げて、

大門沢小屋 缶潰し機2

 

ドグシャア!

大門沢小屋 缶潰し機3

 

しっかりと空き缶を潰すことができました。

大門沢小屋 缶潰し機4

 

間違えて足に当てないようにご注意ください(驚)

 

水場

南アルプスの天然水がもれなく飲めます。

大門沢小屋 洗面所

個人的にこれはすごいと思ったのが、液体石鹸があるところです。

通常の山小屋では見たことがありませんが、この大門沢小屋では下界と同じように快適に手を洗えます。

 

トイレ

トイレは昔ながらの汲み取り式です。

男性の小用のトイレはダイレクトに外ですので
この開放感は自然の中にいることを感じさせてくれます(笑)

 

風呂

なんとシャワーまであるようです!

我々は使用しなかったのですが小屋のHPを見ると
オートキャンプ場にあるコインシャワーがついているようです。

 

まとめ

今回は白峰三山(北岳・間ノ岳・農鳥岳)縦走の時に使う山小屋
「大門沢小屋」を紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

山小屋なのにシャワーがあったり液体石鹸があったりするのが
個人的にはすごいと感じました。

 

予約は電話かWebでもできるそうですので、気になったら予約です!
(素泊まり・テント泊は予約不要です)
http://www.daimonzawa.com/contact/index.html

 

この記事を読んであなたの登山ライフが豊かになれば幸いです。
最後までお読みいただき本当にありがとうございました。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
y-hey
ブロガー・アウトドアライフクリエイターとして 多くの人にキャンプ、登山、旅行について興味を持ってもらい ”人生を120%楽しんでもらいたい”と考えている男です。 2児の父ですが単独で南米最高峰アコンカグアや アフリカ最高峰キリマンジャロを一眼レフカメラと共に登ったり (普段は自称イクメンです)空手もやってる多趣味な男です。 ブログは2005年から書いています。(当サイトは2015年からです) 2017年8月に月間50,000PV突破しました! もし記事を読んで「役に立った」「面白そう」「笑えるわー」 と思われた方は、いいね、ツイート、はてぶ していただけますと更新の励みになります。 よろしくお願いします!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 登っちゃえば? , 2017 All Rights Reserved.