写真も撮れる登山ガイド 上田洋平のブログ

三重県大台町 魅力発信ツアーまとめ 大台町を好きになった7つの理由【PR】

 
大台町魅力発信ツアーまとめ
この記事を書いている人 - WRITER -
日本山岳ガイド協会認定登山ガイドステージⅠ。 かながわ山岳ガイド協会所属。 写真も撮れる登山ガイドとして 登山、アウトドア等の記事を発信し、読者の方に ”人生を120%楽しんでもらいたい”と考えています。 2児の父ですが単独で南米最高峰アコンカグアや アフリカ最高峰キリマンジャロをフルサイズ一眼レフカメラを抱えて登ったり(普段は自称イクメンです)空手もやってる多趣味な男です。 ブログは2005年から書いています。(当サイトは2015年からです) 2017年11月にテレビ出演し、2018年5月には10万PV突破しました!
詳しいプロフィールはこちら
 

こんにちは!旅行大好きな、写真も撮れる登山ガイドのy-hey(@y-hey0210)です。

 

2020年1月30日(木)〜31日(金)に、三重県大台町の観光協会が主催する「大台町魅力発信ツアー」に参加させて頂きました。

このツアーを終えて分かったこと、それは三重県大台町のことを好きになっていたということでした。

 

これまで色々な記事を書いてきましたので、今回は総集編として、大台町を好きになった7つの理由としてお届けします。

これを読んでみれば三重県大台町の魅力が分かると思います。

 

 

Sponsored Links

 【1日目】2020年1月30日(木)

1. 三重県大台町の説明・参加者自己紹介

大台町魅力発信ツアー参加ブロガー

 

初日はまず宿泊地となる奥伊勢フォレストピア宮川山荘に集合し、大台町商工会の方、観光協会の方、そしてツアーガイドとなる
Verde(ベルデ)大台ツーリズムの野田さんから、今回のツアーの趣旨や説明を伺いました。

Verde大台ツーリズム 野田さん

その後は参加メンバーがそれぞれ自己紹介をしました。
参加者はそうそうたるメンバーが集まっていて、自分も入れてもらっていいのか?と思いましたが(汗)

 

参加メンバーや大台町の紹介は↓の記事に書いてあります。

三重県 大台町魅力発信ツアーにブロガーとして参加してきました!【PR】

 

2. 『水』×『食』大台ピクニック 北総門山ハイキング

奥伊勢フォレストピア宮川山荘でピクニックランチ

説明が一通り終わったらランチタイムです。
外でピクニック形式で食べるワンプレートランチ。

1月なので寒いですが、焚き火の周りなら温かいです。

 

北総門山 ヒメシャラの森 木道

ランチが終わったら送迎バスにで北総門山へハイキング。

片道30分の超初心者ルートを案内して頂いたので、登山をやったことが無い人でも安心して行けるコースでした。

 

北総門山山頂からの眺め

そして北総門山の山頂展望台からの眺め。遠くに日本一の清流、宮川が見えます。

 

北総門山ハイキングについては↓の記事で紹介しています。

北総門山 奥伊勢の展望台から日本一の清流「宮川」を眺める【PR】

 

3. 奥伊勢フォレストピアチェックイン〜夕食(フレンチディナー)

奥伊勢フォレストピア 宮川山荘

ハイキングを終えたら三重県大台町の拠点とも言えるべき宿、奥伊勢フォレストピア宮川山荘にチェックインです。

 

奥伊勢フォレストピア宮川山荘 洋室ロフト付き

一人で寝るのにロフト付きの部屋だったりしてテンションが上りました(笑)

夕食まで時間があったので、早速温泉に入って体を温めました。

 

奥伊勢フォレストピア宮川山荘 ディナー

そしてフレンチディナー。地の物を使っていたりして工夫が凝らされているメニューでした。

 

奥伊勢フォレストピア宮川山荘については↓の記事で詳しく紹介しています。

奥伊勢フォレストピア 宮川山荘 日本一の清流に囲まれた温泉リゾート【PR】

 

4. 大台ブロガーサミット & ブロガー懇親会

ブロガーサミット in 大台町

夕食後はまたまた送迎バスで移動し、2人のプロブロガー瀬長明日香さん、中川学さんから
学べる「ブロガーサミット in 大台町」に参加させて頂きました。

 

ブロガーサミット in 大台町でプロブロガーから学んだ最強のブログ発信術とは?【PR】

 

ブロガーサミット 懇親会 子持ち鮎

ブロガーサミットの後は懇親会もあり、子持ちの鮎を頂きましたー。

初めて子持ち鮎を食べましたが、なかなかのボリュームでした!

 

宮川山荘に帰ってから外に出て星空を撮影。星の多さに驚きました。

 

Sponsored Links

【2日目】2020年1月31日(金)

5. 『水』×『森林』仙人と行く大杉谷トレッキング 前編 六十尋滝

六十尋滝

2日目は”『水』×『森林』仙人と行く大杉谷トレッキング”ということで、
大台町の西の方に移動し、秘瀑も含む滝巡りツアー。

 

六十尋滝 入口

最初に訪れたのは六十尋滝(ろくじゅっぴろだき)という滝です。

大台町の仙人こと、巽幸則(たつみゆきのり)さんに案内していただきます。

 

六十尋滝への道

滝までは駐車場からすぐそばなので、スニーカーでも大丈夫です。

 

六十尋滝

滝壺の近くから撮影するとこんな感じです。

 

大杉谷の仙人と巡る滝ツアー前編 六十尋滝(ろくじゅっぴろだき)【PR】

 

6. 『水』×『森林』仙人と行く大杉谷トレッキング 後編 無名滝&ランチ座談会

三重県大台町 無名の滝

仙人と行く大杉谷トレッキングの後編は無名滝(むみょうだき)という名もなき秘瀑へ。

 

無名滝 渡渉

(↑はブロガーメンバーで大台町出身のRioさんの写真を使わせて頂いてます)

ここは前日までの雨で増水していたため、渡渉(としょう、沢を渡ること)が必要でした。

 

仙人、Verde大台ツーリズムの野田さん、ブロガーの中で登山ガイドであるMr.Dashさんと僕の4人が
山歩きに慣れていないブロガーの方々をサポートさせて頂きました。
(よく考えてみると結構万全のサポート体制)

 

大杉谷の仙人と巡る滝ツアー後編 無名滝、そして仙人と語らう【PR】

 

その後は巽さんの家でランチ座談会です。お弁当&巽さん特製の豚汁を頂き体が温まったところで
焚き火を囲んで座談会。

 

大杉谷の仙人 巽さん

ここに住む暮らしぶりやその考えを伺うことができました。
そのあたりの詳しいお話の内容は↓の記事でお伝えしています。

大杉谷の仙人と巡る滝ツアー後編 無名滝、そして仙人と語らう【PR】

 

7. 大台町の方々の熱意

最後の好きになった理由ですが、今回のツアーを通して

「大台町の方々は地元の大台町を愛している」

ということをめっちゃ感じた、ということです。

 

えっ?地元のことを好きなのは普通では?
と思われる方もいるかもしれませんが、大台町の方々は

「なんとか三重県大台町を盛り上げていきたい!」

という想いにあふれていて、その愛がヒシヒシと我々ブロガーに伝わってきました。

 

そのあたりの考察はデジタルマーケティングをされていて、地元大台町出身Rioさんの記事が参考になるかと思います。

デジマ担当者がみたジャパニーズ・ド田舎の町興し策の可能性「なぜ今さらブロガーが活きるのか」その1#大台町PR

 

Sponsored Links

まとめ

今回は三重県大台町を好きになった7つの理由についてお伝えさせて頂きました。

特に最後の理由、これが感情を動かしてくれ、魂を込めた熱い記事を7記事書く原動力になりました。

 

魅力発信ツアーの規定としては2月中に1000文字以上、写真5枚以上の記事を5記事(合計5000文字以上)書けばOKなのですが、
それくらいの分量では収まりきらない程の魅力に溢れている町だと感じました。

 

文字数を数えてみたら7記事合計で22,015文字になっていました!

それだけ伝えたいことが多くあったということですね。

y-hey

 

僕のブログを読んで

「三重県大台町って面白そう!」「一度行ってみたいな」

なんて思って頂けたら、ブロガーとしては嬉しい限りです。

 

東海圏、関西圏からのアクセスも良いので近い週末にお出かけしてみて下さい。

見どころを知るには、本記事で紹介した各記事や↓の大台町観光協会のサイトを見てみて下さい。

 

この記事を読んであなたのトラベルライフが豊かになれば幸いです。

最後までお読み頂き本当にありがとうございました。

 

当記事は、大台町観光協会の主催する大台町魅力発信ツアーに参加し、宿泊費・交通費・体験代を提供いただいた上で取材・執筆しています。 

登山を始める時に知っておくべきノウハウを無料で配布しています。

文字数17,000文字以上の大ボリュームE-bookです。

登山歴10年以上で海外の山々にも登った私の経験をまとめました。

是非あなたの登山にお役立てください。

今のうちにゲットしてください。

ここでは言えない『超豪華特典』が付いています。

詳しくはE-bookの最後で。

登っちゃえば? 登山の教科書

この記事を書いている人 - WRITER -
日本山岳ガイド協会認定登山ガイドステージⅠ。 かながわ山岳ガイド協会所属。 写真も撮れる登山ガイドとして 登山、アウトドア等の記事を発信し、読者の方に ”人生を120%楽しんでもらいたい”と考えています。 2児の父ですが単独で南米最高峰アコンカグアや アフリカ最高峰キリマンジャロをフルサイズ一眼レフカメラを抱えて登ったり(普段は自称イクメンです)空手もやってる多趣味な男です。 ブログは2005年から書いています。(当サイトは2015年からです) 2017年11月にテレビ出演し、2018年5月には10万PV突破しました!
詳しいプロフィールはこちら

Sponsored Links

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 登っちゃえば? , 2020 All Rights Reserved.