アウトドア・ブログ・空手 人生を120%楽しむ情報をお届け

このブログで使っているテーマ

束草(ソクチョ、속초시)のアバイ村で韓国の原風景に出会う【2016年8月韓国出張&登山9】

 
  2016/09/29
 
束草 アバイマウル2
この記事を書いている人 - WRITER -
y-hey(上田洋平)
ブロガー・アウトドアライフクリエイターとして キャンプ、登山、旅行等の記事を通じて ”人生を120%楽しんでもらいたい”と考えている男です。 2児の父ですが単独で南米最高峰アコンカグアや アフリカ最高峰キリマンジャロをフルサイズ一眼レフカメラを抱えて登ったり(普段は自称イクメンです)空手もやってる多趣味な男です。 ブログは2005年から書いています。(当サイトは2015年からです) 2017年11月にテレビ出演し、2018年5月には10万PV突破しました!
詳しいプロフィールはこちら
 

いつも当ブログを読んでいただきありがとうございます。

アウトドアライフクリエイターのy-heyです。

 

2016年8月末に会社の出張&週末登山ということで約1週間韓国へ行ってきました!

 

前回の記事はこちら↓

雪岳山(ソラクサン、설악산)登山へむけて束草(ソクチョ、속초시)へ移動!【2016年8月韓国出張&登山8】

 

韓国出張&登山記まとめはこちら↓

https://y-hey.com/tag/2016-aug-korea/

 

第8弾となる今回は雪岳山(ソラクサン)に登るため

2016年8月27日(土)に訪れた束草(ソクチョ)周辺を

ドイツ人のセバスチャンと一緒に散策してみました。

 

そこで昔ながらの韓国の街並みを発見しました。

 

Sponsored Links

束草(ソクチョ)ビーチ

束草ビーチの入口

ソウルの南にある水原(スウォン)から車で3時間、

のはずがすごい渋滞にハマり5時間かかって束草(ソクチョ)に到着。

 

まずはセバスチャンが予約してくれたホテルに

(韓国語しか通じないローカルなユースホステルみたいなところ。ネットで探したと思われます。)

チェックインして車を駐車し、早速周辺を散策することにしました。

 

まずはビーチがありますのでそこを散策。

束草ビーチ2

セバスチャンもご機嫌です。

 

みなさん(特に女性)は紫外線を気にしてか

水着の上にTシャツを着ていました(残念)

このような地道な努力で韓国人女性の白い肌は保たれていると思われます。

 

Sponsored Links

アバイマウル(アバイ村)

束草ビーチから北の方に散策してみました。

ビーチを外れるとだんだん寂れた感じになってきて

路地裏的な風景が現れました。

束草の街並み1

個人的には沖縄にもこんな風景が見れたと思います。

 

韓国人の元気の素である唐辛子を自家栽培している家がありました。

束草の街並み 唐辛子

じつはこの束草ビーチから北に進んだ場所はアバイ村と呼ばれるエリアです。

「アバイ」とは北朝鮮方言でおじさん、おじいさんのことを指します。

朝鮮戦争期に避難民が住み着いたためこのような名称がついているようです。

 

 

雪岳大橋から眺めるアバイ村。

束草 アバイマウル1

 

「ケッペ」という渡し舟もあり、対岸へ移動できます。

束草 アバイマウル2

昔ながらの街並みが今も残っている部分がありますね。

ビンテージな感じに写真をRAW画像から現像してみました。

 

ここは韓流ドラマ「秋の童話」の舞台になった場所のようです。

 

Sponsored Links

束草(ソクチョ)灯台

束草 灯台2

再びビーチ方面に戻る方向に歩を進めたy-heyとセバスチャンは

灯台があったのでちょっと見て見ることにしました。

 

束草 灯台1

海の男セバスチャン。しぶいですね。

 

この時くらいから雲行きが怪しくなってきます。

次の日は雪岳山(ソラクサン)登山なので晴れてくれることを祈るばかりです。

 

Sponsored Links

まとめ

というわけで今回は束草(ソクチョ)ビーチ、アバイ村、灯台の紹介をしました。

写真は撮ってないですが束草ビーチ周辺にはお洒落なカフェもいっぱいありましたよ。

 

束草ビーチに戻った我々はあることに気づきます。

みんながアレをやっているのです。

 

詳しくは次回書きますね。

 

この記事を読んであなたのトラベルライフがちょっとだけ豊かになれば幸いです。

最後までお読み頂き本当にありがとうございました。

 

アバイ村の情報が載っている本

登山を始める時に知っておくべきノウハウを無料で配布しています。

文字数17,000文字以上の大ボリュームE-bookです。

登山歴10年以上で海外の山々にも登った私の経験をまとめました。

是非あなたの登山にお役立てください。

今のうちにゲットしてください。

ここでは言えない『超豪華特典』が付いています。

詳しくはE-bookの最後で。

登っちゃえば? 登山の教科書

この記事を書いている人 - WRITER -
y-hey(上田洋平)
ブロガー・アウトドアライフクリエイターとして キャンプ、登山、旅行等の記事を通じて ”人生を120%楽しんでもらいたい”と考えている男です。 2児の父ですが単独で南米最高峰アコンカグアや アフリカ最高峰キリマンジャロをフルサイズ一眼レフカメラを抱えて登ったり(普段は自称イクメンです)空手もやってる多趣味な男です。 ブログは2005年から書いています。(当サイトは2015年からです) 2017年11月にテレビ出演し、2018年5月には10万PV突破しました!
詳しいプロフィールはこちら

Sponsored Links

Sponsored Links

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 登っちゃえば? , 2016 All Rights Reserved.