写真も撮れる登山ガイド 上田洋平のブログ

山ガールネット「女性のためのテント泊登山入門実習 in 瑞牆山」ガイドレポート

 
瑞牆山 テント泊講習ツアー
この記事を書いている人 - WRITER -
日本山岳ガイド協会認定登山ガイド かながわ山岳ガイド協会所属 日本オートキャンプ協会公認オートキャンプ指導者 写真も撮れる登山ガイドとして 神奈川(丹沢)、東京(高尾、奥多摩)、北アルプス、中央アルプス、南アルプスの山々(無雪期)をガイドしています。 ブログでは登山、アウトドア等の記事の発信を通して 読者の方に”人生を120%楽しんでもらいたい”と考えています。 2児の父ですが単独で南米最高峰アコンカグアや アフリカ最高峰キリマンジャロをフルサイズ一眼レフカメラを抱えて登ったり(普段は自称イクメンです)空手もやってた多趣味な男です。 ブログはゆるいペースですが2005年から書き続けています。(当サイトは2015年から) 2017年11月にテレビ出演し、2018年5月には10万PV突破しました!
詳しいプロフィールはこちら
 

こんにちは。写真も撮れる登山ガイドの上田洋平(y-hey)です。

2021年10月9日〜10日に行われた、山ガールネットさん主催「女性のためのテント泊登山入門実習 in 瑞牆山」で登山ガイドを務めさせてもらいましたのでガイドレポートをお伝えします!

 

Sponsored Links

一日目 テント場まで移動 & テント設営レクチャー & 山ご飯

登山口 みずがき山荘を出発

▼場所は山梨県の瑞牆山(みずがきやま)。日本百名山、山梨百名山に選定されている人気の山です。
まずは登山口であるみずがき山荘の前に集合です。

▼1日目のスケジュール、登山コースの説明、、テント泊装備の入った重いザックの背負い方、靴紐の結び方、ストックの使い方等をレクチャーし、準備運動をした後、出発です。

y-hey ザックの背負い方
写真提供:山ガールネット様

 

y-hey 登山の靴紐の結び方を説明
写真提供:山ガールネット様

 

▼テント泊装備を背負って、テント場である富士見平小屋まで約1時間の道のりです。
途中で瑞牆山の山頂が見える場所に出ると「明日はここに登るんだー!」と参加者の方々がワクワクされていました。

 

富士見平小屋でテント設営

▼本日のテント場である富士見平小屋に到着。みなさん重いテント泊装備を担ぎ上げてお疲れ様でした。
ここでザックへのパッキングの仕方をレクチャー。

y-hey 登山のパッキングの仕方を説明
写真提供:山ガールネット様

 

▼パッキングの後は、テント設営・撤収の仕方をレクチャーさせてもらいます。

y-hey テント設営の仕方
写真提供:山ガールネット様

 

▼今度は実践編として早速みなさんに設営してもらいます。

▼みなさん無事に設営できたようです。

 

アウトドアクッキング(山ご飯)レクチャー

▼さて、夕方になったらy-heyシェフの出番がやってきました。山の上のレストランが開店いたします(^o^)
下界から担ぎ上げたティファールのフライパンを使って事前に下味を付けて準備しておいた鶏肉を焼きます。

y-hey 山ご飯の作り方を説明
写真提供:山ガールネット様

 

普段は山用の軽量フライパンを使いますが、参加者の方全員に振る舞うため大型サイズを家から持ってきました。

y-hey

▼塩麹照り焼きチキンステーキ

さらに塩麹チキン照り焼きステーキが焼き上がるまでの間にもう一品作ります。

 

▼完熟トマトのブルスケッタ

参加者の方々に大好評でした!

y-hey

 

気前良く振る舞って自分で食べる分があまり無くなったため(笑)、2日目の朝食用で持ってきていた「さつま揚げ乗せフォー」を作りました。

▼さつま揚げ乗せフォー

 

Sponsored Links

2日目 瑞牆山登頂 & テント撤収 & 下山

富士見平小屋を出発

▼2日目はいよいよ瑞牆山山頂を目指します!出発は朝6時。日が昇ってからなので登山道も明るいです。

▼富士見平小屋からは富士山が朝日に照らされる姿が見えました。

 

岩場や鎖場が続く登山道

▼富士見平小屋からはしばらく天鳥川(あまどりがわ)まで下り、そこから岩場や鎖場が連続するコースになります。

▼難所の鎖場ではルートや体の使い方をレクチャーした後、参加者の方々にもがんばって登ってもらいます。

▼岩場の合間に見える紅葉に心が癒やされます。

 

▼毒キノコのベニテングタケが生えていました。見た目はかわいいんですけどね。

 

 

瑞牆山 山頂

難所の鎖場を越え、瑞牆山山頂に到着です!眼下にクライミングスポットでもある奇岩の「大ヤスリ岩」を見下ろせます。
奥には200名山で日本百名山を書いた深田久弥氏終焉の地がある茅ヶ岳(かやがたけ)や金ヶ岳(かながたけ)も見えます。
さらに奥に南アルプスが見えるのですが、この時は雲に隠れていました。

 

▼参加者の方々と記念写真撮影です!

 

同じルートで下山

▼山頂でひと休憩した後は下山開始です。岩場は登りより下りのほうが難しいので慎重に下ります。

 

▼こういう危険な箇所でも鎖が整備されているおかげで一般登山者が登り下りできるので、整備して頂いている方々には頭が下がります。

 

▼天鳥川の近くにある「桃太郎岩」で参加者の方のフォトショット撮影。他にも山頂、奇岩、テント前で何枚も撮影させて頂きました。

テント撤収 & 下山

富士見平小屋のテント場に着いた後はテントを撤収して昼食を食べた後で下山です。
瑞牆山に登って疲れている時にテント泊装備をあらためて背負うとずっしりときますね。
登山道を滑らないように注意して下山。

 

皆さんに一言ずつ今回のテント泊講習の感想頂いた後、
最後に皆さんがテント泊装備を入れた大型ザックを背負っているところを撮影して終了です!

みなさんお疲れ様でした!

y-hey

 

Sponsored Links

まとめ

今回はテント泊講習がメインの登山ツアーでしたが、写真撮影や山ご飯も含めて参加者の方々に楽しんでいただけました。

 

皆さんからは口を揃えて
「こんなに楽しく山に登れたのは初めてです」
「非常に楽しい2日間でした」
と言ってもらえ、ガイドとして山の楽しさをお伝えできたことで嬉しく思いました。

 

次回の山ガールネットさんで僕がガイドするイベントは2021年11月28日(日)の神奈川県 塔ノ岳日帰り登山ツアーになります。
募集ページは準備中なので、またページが完成したらこの記事内でもお知らせします。

【2021年10月20日追記】 募集開始されました!

【山ガールチャレンジ】目指そう!中級への道『初級者からのレベルアップ登山実習 in 塔ノ岳(日帰り)』を11月28日(日)に開催

 

この記事を読んであなたのアウトドアライフが豊かになれば幸いです。
最後までお読み頂き本当にありがとうございました。

 

山ガールネットさんでも取材レポートとして紹介されています

【山ガールスペシャルイベント】『女性のためのテント泊登山入門実習 in 瑞牆山』取材レポート

 

登山地図アプリ YAMAPで活動日記も書いています

瑞牆山 テント泊講習 ガイド / y-hey@写真も撮れる登山ガイドさんの活動データ | YAMAP / ヤマップ

 

 

 

登山を始める時に知っておくべきノウハウを無料で配布しています。

文字数17,000文字以上の大ボリュームE-bookです。

登山歴15年以上で海外の山々にも登った私の経験から
登山ガイドとして初心者の方に伝えたい内容をまとめました。

是非あなたの登山にお役立てください。

今のうちにゲットしてください。

ここでは言えない『超豪華特典』が付いています。

詳しくはE-bookの最後で。

登っちゃえば? 登山の教科書

この記事を書いている人 - WRITER -
日本山岳ガイド協会認定登山ガイド かながわ山岳ガイド協会所属 日本オートキャンプ協会公認オートキャンプ指導者 写真も撮れる登山ガイドとして 神奈川(丹沢)、東京(高尾、奥多摩)、北アルプス、中央アルプス、南アルプスの山々(無雪期)をガイドしています。 ブログでは登山、アウトドア等の記事の発信を通して 読者の方に”人生を120%楽しんでもらいたい”と考えています。 2児の父ですが単独で南米最高峰アコンカグアや アフリカ最高峰キリマンジャロをフルサイズ一眼レフカメラを抱えて登ったり(普段は自称イクメンです)空手もやってた多趣味な男です。 ブログはゆるいペースですが2005年から書き続けています。(当サイトは2015年から) 2017年11月にテレビ出演し、2018年5月には10万PV突破しました!
詳しいプロフィールはこちら

Sponsored Links

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 登っちゃえば? , 2021 All Rights Reserved.