グランドメルキュール 上海 虹橋(シャンハイホンチャオ) で泊まった部屋が広すぎてビビった

グランドメルキュール上海虹橋 客室2501 キングサイズベッドルーム
スポンサーリンク

いつも当ブログを読んでいただきありがとうございます。
出張族のy-heyです。

2017年7月に会社の出張で
中国の上海に行ってきましたので
その時泊まったホテル、
グランドメルキュール上海虹橋(シャンハイホンチャオ)の紹介をしたいと思います!

 

このホテルは
上海の虹橋(ホンチャオ)国際空港から
たったの6km、車で10分という便利な場所にあります。

さらに上海在住の同僚中国人の話しによると
このホテルの周辺は日本人街になっているそうで
日本食レストラン等も同じ通り何軒もありました。

それでは早速紹介しましょう!

 

奥まった場所にあるホテル入口

グランドメルキュール上海虹橋 看板

まずは玄関にある看板。

このホテルはやや奥まった場所にあるため
タクシードライバーが知らないと、発見するのに時間がかかるかもしれません。

 

タクシードライバーには

 

ホテルの中国名:上海虹橋美爵大酒店

ホテル住所: 上海市仙霞路369号(近芙蓉江路)200336

電話番号:+86 21 5153 3300

出典:グランドメルキュール上海虹橋公式サイト

 

をしっかりと伝えましょう。

ホテルをオンラインで予約した場合は予約確認票を印刷して
タクシードライバーにホテル名を見せれば大丈夫です。

 

↓の写真を参考にホテル入口まで行って下さい。

グランドメルキュール上海虹橋 入口付近

 

そして奥へ入っていくと
ホテルエントランスへ着きます。

グランドメルキュール上海虹橋 玄関

外観は普通の高級ホテルといった感じでしょうか。

 

落ち着きのあるホテルロビー

グランドメルキュール上海虹橋 ロビー

エントランスからホテル内へ入ると
落ち着いた中国の家具達がお出迎え。

朝はこのロビーで太極拳をやっているおじさんがいました。
ショーとしてやっているのかガチでやっているのか分かりませんでしたが・・・

 

フロントスタッフに日本語は通じる?

私の対応をしてくれた中国人のスタッフは日本語で対応してくれました。

スタッフによると思いますが、日本人も良く泊まるホテルですのでしゃべれる人がいると思います。

 

 

超広いキングベッドスイートな部屋

今回は一番安い部屋を予約したのですが
ホテル側のサービスで部屋をアップグレードしてもらい、高層階の2501室に宿泊しました。

 

y-hey
これはありがたい!そんなことをしてくれたらブログに書いちゃうぞ?(笑)

 

まず部屋に入って思ったのが・・・

 

グランドメルキュール上海虹橋 客室2501 玄関 

あれ?なんか2部屋ないですか?(↑の写真の右側がベッドルームとして独立している)

私一人で泊まるんですけど・・

 

y-hey

なんとバスルームまで2つあるぞ!

 

というわけでここからは部屋ごとに紹介します。。。

 

キングサイズベッドルーム

グランドメルキュール上海虹橋 客室2501 キングサイズベッドルーム

玄関を入って右手側、奥にあるのがこのキングサイズベッドがある部屋です。

ベッドの足元側にどうやって使ったらいいかわからない足置き?のようなものまであります・・・

 

デスクはやや小さめですがパソコンを広げて仕事をするには十分な広さです。

グランドメルキュール上海虹橋 客室2501 デスク

 

↑の写真左側にあるのがスーツハンガー。
なんかゴージャスな感じです。

グランドメルキュール上海虹橋 客室2501 スーツハンガー1

 

スーツ類を掛けてみるとこんな感じです。
なんかエグゼクティブな雰囲気(笑)

グランドメルキュール上海虹橋 客室2501 スーツハンガー2

 

バスルーム

グランドメルキュール上海虹橋 客室2501 バスルーム

このバスルームで特筆すべきところはトイレでしょう。

 

トイレにはなんとウォシュレットが付いています!
個人的には中国で初めてウォシュレット付きのトイレに出会いました。

グランドメルキュール上海虹橋 客室2501 ウォシュレット付きトイレ

 

注意点としては、洗面所の壁側にボタンがあるので

グランドメルキュール上海虹橋 客室2501 洗面所

↓の写真の真ん中のスイッチを上側に合わせないとお湯がでませんのでご注意下さい!

グランドメルキュール上海虹橋 客室2501 洗面所 スイッチ
y-hey
私は1日目のシャワーはそれに気づかず水シャワーを浴びました・・・

 

アメニティ

アメニティ類は330mlのミネラルウォーターボトル2本と

グランドメルキュール上海虹橋 客室2501 無料ミネラルウォーター330ml

ひげそり、綿棒類、

グランドメルキュール上海虹橋 客室2501 アメニティ

シャンプー・コンディショナー・ボディソープ・ボディローションは無料です。

グランドメルキュール上海虹橋 客室2501 シャンプー・コンディショナー

クローゼット

グランドメルキュール上海虹橋 客室2501 クローゼット

バスローブやスリッパが常備されています。
また、ハンガーも沢山ついていて
セーフティボックス(金庫)も付いています。

バスローブはフコフコで着心地最高でした!

 

 

ふぅ、やっとベッドルーム側の設備を紹介できました。
ここからは2部屋目のリビング・ダイニングルームです!

 

リビング・ダイニングルーム

グランドメルキュール上海虹橋 客室2501 玄関 リビング・ダイニング

2501室に入ってすぐに目にするのがリビング・ダイニングルームです。

何がすごいかって冷蔵庫に加えてキッチンや洗濯機まで完備されていて
2つめのバスルームまでありますからね。

家族での滞在にピッタリかもしれません。

 

それでは紹介していきます。

 

キッチン

グランドメルキュール上海虹橋 客室2501 キッチン

シンクがあるのでちょっとした自炊が可能です。

ただし、皿やコップ、ナイフ・フォーク類は無いため、
あくまでも補助的な位置づけと考えたほうがいいと思います。

 

連泊する場合は洗濯機付きはありがたいですね。

 

バスルーム

グランドメルキュール上海虹橋 客室2501 バスルーム2

リビング・ダイニングルームにも独立したバスルームがあります。

ただし、こちらのトイレはウォシュレットは無かったです。

 

またこちらのバスルームはバスタブは無く、シャワールームになっていました。

グランドメルキュール上海虹橋 客室2501 シャワールーム

 

y-hey
やっと部屋の紹介を終えたぞ・・・

部屋が広いと紹介も大変です・・・

 

朝食ビュッフェ

朝食は1階のレストランで
ビュッフェ形式になっています。

入口で部屋番号とサインを記入して
レストランに入ります。

 

ビュッフェはサラダ、ご飯、パン、フルーツ、スイーツ等
一通り揃っていまして中華、日本、韓国、欧米
と様々な種類が楽しめます。

中華・韓国・日本料理↓

グランドメルキュール上海虹橋 朝食ビュッフェ1

 

欧米スタイル↓

グランドメルキュール上海虹橋 朝食ビュッフェ4

 

フルーツは冷蔵庫に入っています。

グランドメルキュール上海虹橋 朝食ビュッフェ フルーツ

 

フルーツ&野菜たっぷり朝食!

グランドメルキュール上海虹橋 朝食ビュッフェ

 

そしてメインは〆のラーメンでがっつり!

野菜等の材料をビュッフェで取ってコックに渡せばラーメンを作ってくれます。

グランドメルキュール上海虹橋 朝食ビュッフェ ラーメン1

 

そのままだと味がやや薄いと感じたため、ラーメンコーナーに置いてあった醤油を持ってきました。

グランドメルキュール上海虹橋 朝食ビュッフェ ラーメン2

これを混ぜて醤油ラーメンの出来上がり!かなりイケる味に進化しました!

グランドメルキュール上海虹橋 朝食ビュッフェ ラーメン3

 

ジム

グランドメルキュール上海虹橋 ジム入口

3階にはフィットネスジムがあり、
宿泊者なら利用可能です。

貸出タオルとミネラルウォーターはジムに置いてあり、無料でした。

ヒルトン虹橋ホテル ジム1

 

各セット限界まで追い込みましょう!

ヒルトン虹橋ホテル ジム2

 

まとめ

今回は上海にある
グランドメルキュール上海 虹橋(ホンチャオ)
の紹介をしましたがいかがでしたでしょうか?

 

快適に滞在させてもらいましたが
部屋でWifiのつながりが悪く、ネットに接続できませんでした。

(関連記事:中国で強制的に情報遮断状態になったのでやった3つのこと

フロントに電話しても事情を説明したら、「後でもう一度試して」と言われたので試しましたが
つながらないためネット接続は諦め、他のことをすることにしました。

そこだけちょっとイマイチですね。

 

ただ場所的にも日本人街にあるため
日本食レストランも多く、ローソン等の日本人におなじみのコンビニもあり便利でした。

 

この記事を読んであなたのトラベルライフが
ちょっとだけ豊かになれば幸いです。

最後までお読み頂き本当にありがとうございました。


スポンサーリンク
  
グランドメルキュール上海虹橋 客室2501 キングサイズベッドルーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

y-hey

アウトドアライフクリエイターとして 多くの人にキャンプ、登山、旅行 について興味を持ってもらい ”人生を120%楽しんでもらいたい” と考えている男です。 2児の父ですが 単独で南米最高峰アコンカグアや アフリカ最高峰キリマンジャロ を一眼レフカメラと共に登ったりしてます。 (普段は自称イクメンです) ブログは2005年から書いてまして(当サイトは2015年からです)空手もやってる多趣味な男です。 もし記事を読んで「役に立った」「面白そう」「笑えるわー」 と思われた方は、いいね、ツイート、はてぶ していただけますと更新の励みになります。 よろしくお願いします!