2016年3月伊吹山 平日お忍び登山行③ ~伊吹山ジンクスの始まり~

2015年2月 伊吹山
スポンサーリンク

いつも当ブログを読んで頂きありがとうございます。

 

急に残雪期の雪山登山へ単独で行くことになったy-heyですが

前回からの続きとして、去年私の身に起こったことを振り返ってみましょう。

(ちなみに上の写真は2015年に伊吹山に登った時のものです)

 

 

~2015年2月末の振り返り~

当時も空手の稽古に通ってはいるものの

 

妻 「今度サボったら月謝がもったいないので空手をやめさせる。」

 

と妻に言わしめる程サボリがちであったため

 

(今度サボったらヤバい・・・)

 

という変な?緊張感が私の中でありました。

 

 

そして忘れもしない2015年2月28日(土)の数日前、急に妻が

 

妻 「今度の土曜は友達を家に呼ぶことになったから実家とかに出かけて来ていいよ。」

 

と機嫌よく言うのです。

 

これを読者のみなさんにわかりやすいように翻訳しますと

 

「今度の土曜は私は友達と家で遊びたいのであんたは邪魔だから外に出て行ってね。」

 

という意味です。

 

 

さぁ読者のあなたでしたらこんな場合どうするのでしょうか?

 

「休日なのに自分の家でゆっくりすることさえできないとは!

漫喫か近所のスーパー銭湯でも行って時間をつぶすしかないのか!」

 

と嘆くのでしょうか?

 

 

たしかにこれはそのように解釈しておとなしく過ごすこともできます。

 

いやいやそこは山好きのアウトドアライフクリエイター y-heyです。

ここはポジティブに捉えて

 

「一日自由に行動する時間をもらえた。これは山に行けという神のお告げに違いない!」

 

と考えました。

 

というわけで2月末といえば残雪期。

せっかくなので雪山を堪能しない手はないのです!

 

そして親友のコアラ君を急だけど誘うとラッキーなことに予定が空いているとのことで、

急遽、2015年2月28日に名古屋から近くて日帰りで雪山を堪能できる

伊吹山へ行ったのです。

 

この時の登山記は昔書いていたライブドアブログを参照されたし!

 

冬の伊吹山の快晴の空の下で[1]

冬の伊吹山の快晴の空の下で[2]

冬の伊吹山の快晴の空の下で[3]

冬の伊吹山の快晴の空の下で[4]

冬の伊吹山の快晴の空の下で[5]

冬の伊吹山の快晴の空の下で[6]

 

というわけで最高の天気の下、雪山を散々堪能して帰宅しました。

 

~2015年の振り返り途中のまま次回へ続く~

2016年3月伊吹山登山 平日お忍び登山行④ ~必殺の膝蹴り~
いつも当ブログを読んでいただきありがとうございます。 前回の記事に引き続いて2015年の振り返りです。 雪山から帰ったy-heyの身に起こったこととは? ~2015年2月末の振り返り 前回からの続き~

スポンサーリンク

2015年2月 伊吹山

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

y-hey

アウトドアライフクリエイターとして 多くの人にキャンプ、登山、旅行 について興味を持ってもらい ”人生を120%楽しんでもらいたい” と考えている男です。 2児の父ですが 単独で南米最高峰アコンカグアや アフリカ最高峰キリマンジャロ を一眼レフカメラと共に登ったりしてます。 (普段は自称イクメンです) ブログは11年書いてまして空手もやってる 多趣味な男です。 もし記事を読んで「役に立った」「面白そう」「笑えるわー」 と思われた方は、いいね、ツイート、はてぶ していただけますと更新の励みになります。 よろしくお願いします!