GTmetrixでサイトの表示速度を測定してみたら?SEOにも有効ですよ。

Internet speed
スポンサーリンク

いつも当ブログを読んでいただきありがとうございます。
WordPress blogをカスタマイズするのが好きなy-heyです。

今回は名古屋で
私がこっそりブログの師匠と(一方的に)思っている
ものくろさんのセッションで教えてもらった
Webサイトの表示速度を測定する方法を紹介します!

 

なぜWebサイトの表示速度が重要?

なぜサイトの表示速度を気にする必要があるのでしょうか?

みなさんはあるサイトを見ようとしたけど
ページの読み込みが遅くてちっとも表示されないため、
そっと「戻る」ボタンを押した経験はありませんか?

そうです。

サイトの表示速度が遅いと
せっかく訪れてくれたユーザーの方に
サイトを見てもらえない場合があるのです!

 

そのような機会損失はしたくないですよね。

というわけで以降は
サイト表示速度の計測方法をお伝えします。

 

サイト表示速度の計測方法

まず↓のGT metrixというサイトに行きます。

GTmetrix | Website Speed and Performance Optimization

 

このサイトに行くと↓のような画面になります。

GT metrix トップページ

 

そして以下の手順でサイト表示速度が計測できます。

① サイト表示速度を測定したいページのアドレスを入力
② Analyzeボタンをクリック

GT metrix 入力方法

 

ためしに当ブログのトップページの表示速度を計測してみますと
以下のようなスコアが出ました。

GT metrix 計測結果

計測結果の解説

Performance Scores

左側のPerformance Scores
表示速度の評価結果がアルファベットで表示されます。

アルファベット:Aが最良、Fが最悪
:高ければたかいほど良い

 

 

y-hey

うちのサイトのスコアって
最悪のFなんですけど・・・

これは改善の余地が大幅にあるってことですね!

 

PageSpeed Score

Google社のPage Speed Insightでの測定結果

 

YSlow Score

Yahoo社のYslowでの測定結果

 

Page Details

右側のPage Details
詳細な測定結果が表示されます。

 

Page load time

ページを読み込むのにかかった時間です。基本的に速ければ速いほどいいです。

 

Total page size

サイトを表示するために読み込んだデータの量です。少ない程表示速度が速くなります。

 

Total number of requests

サーバーとのやり取りの回数です。これも少ない程表示速度が速くなります。

 

まとめ

今回はGT metrixを使った
Webサイトの表示速度の測定方法についてお伝えしましたが
いかがでしたでしょうか?

みなさんもご自分のサイトの表示速度を
計測してみて下さい。

また、どのサイトでも計測できますので
気になるサイトを測定することもできます。

 

この記事を読んであなたのWEBライフが豊かになれば幸いです。
最後までお読み頂き本当にありがとうございました。

 

関連記事

WordPressが表示される仕組みとは? WordPressブロガーが知っておくべき基礎知識

 


スポンサーリンク
  

Internet speed

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

y-hey

アウトドアライフクリエイターとして 多くの人にキャンプ、登山、旅行 について興味を持ってもらい ”人生を120%楽しんでもらいたい” と考えている男です。 2児の父ですが 単独で南米最高峰アコンカグアや アフリカ最高峰キリマンジャロ を一眼レフカメラと共に登ったりしてます。 (普段は自称イクメンです) ブログは2005年から書いてまして(当サイトは2015年からです)空手もやってる多趣味な男です。 もし記事を読んで「役に立った」「面白そう」「笑えるわー」 と思われた方は、いいね、ツイート、はてぶ していただけますと更新の励みになります。 よろしくお願いします!