登山・アウトドアで人生を120%楽しもう!

南米最高峰アコンカグア単独登山記【7】キャンプカナダ(5050m)が限界?

 
アコンカグア登山 キャンプカナダから見上げる
この記事を書いている人 - WRITER -
日本山岳ガイド協会認定登山ガイド。 写真も撮れる登山ガイドとして 登山、アウトドア等の記事を発信し、読者の方に ”人生を120%楽しんでもらいたい”と考えています。 2児の父ですが単独で南米最高峰アコンカグアや アフリカ最高峰キリマンジャロをフルサイズ一眼レフカメラを抱えて登ったり(普段は自称イクメンです)空手もやってる多趣味な男です。 ブログは2005年から書いています。(当サイトは2015年からです) 2017年11月にテレビ出演し、2018年5月には10万PV突破しました!
詳しいプロフィールはこちら
 

こんにちは!アウトドアライフクリエイターのy-heyです。

2013年12月に南米最高峰アコンカグア(6,962m)に単独登山してきた記録の第7弾は
キャンプカナダ(5,050m)まで再び高度順応のため登る時、友人の優しさに触れたエピソードを紹介します。

 

前回の記事ではベースキャンプであるプラザ・デ・ムーラスの紹介をしました。

南米最高峰アコンカグア単独登山記【6】ベースキャンプ プラザ・デ・ムーラスの紹介

 

Sponsored Links

登山8日目 2013年12月28日(土)

Plaza de Mulas(プラザ・デ・ムーラス, 4367m)〜 Camp Canada(キャンプカナダ, 5050m)〜 Plaza de Mulas(プラザ・デ・ムーラス, 4367m)

プラザ・デ・ムーラス 〜 キャンプカナダ

アコンカグア登山ベースキャンプ プラザ・デ・ムーラスを出発

登山6日目に一度キャンプカナダへ荷揚げしたため多少は高度順応できているだろうと思っていましたが
血中酸素濃度の値は相変わらず74という低い数値・・・(80以上だと高度順応がうまくいっている目安となります)

少しでも体を高所に慣らさないといけないな・・・

y-hey

ということで朝10時頃に、再びキャンプカナダまで高度順応のためでベースキャンプをスタート!

 

アコンカグア登山ベースキャンプ プラザ・デ・ムーラス〜キャンプカナダ1

キャンプカナダまでの登山道には雪は無かったので、アイゼン等はまだ不要でした。
(もちろんコンディションは毎日異なりますので、実際に確認する必要がありますが)

 

アコンカグア登山ベースキャンプ プラザ・デ・ムーラス〜キャンプカナダ2

少し登れば目印となる棒が刺さっている箇所がありました。

 

ここからはベースキャンプを見下ろすことができます。

アコンカグア登山ベースキャンプ プラザ・デ・ムーラス 上から眺める

 

西側に見える山々。軒並み5000m級の山ですがアコンカグア(6,960m)に比べると低く感じます。

アコンカグア登山ベースキャンプ プラザ・デ・ムーラス〜キャンプカナダ4

 

しばらくそんな道を数時間登り・・・

アコンカグア登山ベースキャンプ プラザ・デ・ムーラス〜キャンプカナダ3

 

高度は約4900mくらいでしょうか・・・

息があがって、全然前に進めません・・・

アコンカグア登山ベースキャンプ プラザ・デ・ムーラス〜キャンプカナダ5

 

今回はただの高度順応のため、カメラと水分くらいの荷物しか持っていないにも関わらず・・・

 

ゼェゼェ。ゴッホゴホッ。(風邪をひいているので咳がひどく出ます)

 

y-heyの後から来て、前に追い抜いていった人がいましたが、y-heyがあまりにも
ひどい咳をしているので、ゆっくりペースで登ってたまに振り返ってくれたりして、
なんだか見守ってくれているような方がいました。

アコンカグア登山ベースキャンプ プラザ・デ・ムーラス〜キャンプカナダ6

気のせいかもしれませんがy-heyが一人で登って苦しそうにしていたから気にかけてくれたのでしょうか。感謝です。

y-hey

アコンカグア登山ベースキャンプ プラザ・デ・ムーラス〜キャンプカナダ7

 

そんな調子で亀のような歩みで登っていたら、なんと先に行っているはずの友人Oさんが途中で待っていてくれているではないですか!

(↓の写真の中に座って待っていてくれるOさんが小さく写っています)

アコンカグア登山ベースキャンプ プラザ・デ・ムーラス〜キャンプカナダでy-heyを待つOさん

 

死にそうになりながら亀歩きで登っているy-heyを待っていてくれるとは・・・

 

 

感動しました。

y-hey

 

ベースキャンプの上に登るにも、高度順応もうまくいっていないので思うように行程が進められず、気持ちが弱気になっていました。

しかし単独行なので誰にもこのような気持ちを言うことすらできず落ち込みながら登っているところに、Oさんが待っていてくれるとは!

 

このときy-heyは一生の友達を得ました。(5年以上経った今でも時々お会いさせてもらってます)

アコンカグア登山ベースキャンプ プラザ・デ・ムーラス〜キャンプカナダ8

 

そこからキャンプカナダまでの若干の距離を一緒に登り、なんとかキャンプカナダ(5050m)へ到着しました!

 

キャンプカナダ

アコンカグア登山 キャンプカナダ1

 

キャンプカナダに到着するも、高度順応がうまくいっていないy-heyはここが限界のようなので、カロリーメイトを食べてエネルギーをチャージした後、プラザ・デ・ムーラスへ下りることにしました。

アコンカグア登山 キャンプカナダ2

 

Oさんはさらに先にあるキャンプ2のニド・デ・コンドレス(約5,400m)まで進むため、キャンプカナダで小休止した後、さらに先へ登っていきました。登頂を祈っています!

アコンカグア登山 キャンプカナダでOさんとお別れ

アコンカグア登山 キャンプカナダからニドデコンドレス1

 

いいなぁ。自分も高度順応がうまくいっていればニド・デ・コンドレスやその先まで行けるのに・・・

 

その時、何が自分に足りていないのか?考えさせられました。

体力?心肺能力?栄養?

考えても結論は出ないというのに。

 

y-heyがあまりに息をゼェゼェさせていたためか、休憩してカロリーメイトを食べているときにレンジャーの人が寄ってきて、
「Are you OK?(大丈夫ですか?)」と声をかけられました。

「I’m all right. I’m going back after eating this.(大丈夫です。これ食べたら下ります。)」とゼェゼェしつつもやっとのことで回答しておきました。

こんな状態のため声をかけてくれたのでしょう。ありがたいことです。

今思えば、(こいつ要救助者になりかねんな。)とでも思われていたことでしょう・・・

y-hey

 

それにしても、ちゃんと上のキャンプにまでレンジャーの人はいるんですね。

聞いた話によるとニド・デ・コンドレスにはレンジャー小屋もあってレンジャー達が待機しているらしいです。
さすが高い登山料払うだけあってその辺のサポートは非常に充実しています。

 

プラザ・デ・ムーラスへの下り

アコンカグア登山 キャンプカナダからニドデコンドレス3

さて登ったら下らないといけないので下ります。

こんな5,000mの標高でゼェゼェ死にそうになっているので、ここで寝ると命の危険にも繋がりかねないので・・・

 

結構急な斜面を富士山の砂走り方式で滑るように下っていきます。
地面は雪では無く砂利ですのであまり勢いよく下ると膝にきます。

 

穏やかな斜面になった後に↓のような岩がありまして写真は下から撮ったんですが、この岩の上にいたときに
道をどう間違えたのか、断崖絶壁のようなところに出てしまい、再び登り直す羽目になりました。

 

トレース(踏み跡)がついていたから何も考えずに進んだため結構危なかったです。

y-hey

 

高度5,000m近くで登り返すというのは肉体的にも精神的にも非常に辛いもので、気力の半分くらいをここで奪われました。

アコンカグア登山ベースキャンプ プラザ・デ・ムーラス〜キャンプカナダ9

 

最後にはなんとかベースキャンプのプラザ・デ・ムーラスまで帰ることができましたが
満身創痍の状態でした・・・

 

Sponsored Links

まとめ

2回キャンプカナダ(5,050m)まで登ってみたものの、一向に高度順応できる気配がありません。

呼吸が荒く、咳が止まらず、死にそうなおじいちゃんみたいになっていました(笑)

 

この調子でキャンプカナダより上まで行ける気がしない・・・

 

しかも上の方はジェットストリームのような風が吹いているそうだ・・・

果たして無事に帰れるのでしょうか?

 

次回に続く

登山を始める時に知っておくべきノウハウを無料で配布しています。

文字数17,000文字以上の大ボリュームE-bookです。

登山歴10年以上で海外の山々にも登った私の経験をまとめました。

是非あなたの登山にお役立てください。

今のうちにゲットしてください。

ここでは言えない『超豪華特典』が付いています。

詳しくはE-bookの最後で。

登っちゃえば? 登山の教科書

この記事を書いている人 - WRITER -
日本山岳ガイド協会認定登山ガイド。 写真も撮れる登山ガイドとして 登山、アウトドア等の記事を発信し、読者の方に ”人生を120%楽しんでもらいたい”と考えています。 2児の父ですが単独で南米最高峰アコンカグアや アフリカ最高峰キリマンジャロをフルサイズ一眼レフカメラを抱えて登ったり(普段は自称イクメンです)空手もやってる多趣味な男です。 ブログは2005年から書いています。(当サイトは2015年からです) 2017年11月にテレビ出演し、2018年5月には10万PV突破しました!
詳しいプロフィールはこちら

Sponsored Links

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 登っちゃえば? , 2019 All Rights Reserved.