アウトドア・ブログ・空手 人生を120%楽しむ情報をお届け

このブログで使っているテーマ

ブロガー 西の聖地で「竹蔵祭り2017春」に参加!プロブロガーの方にもお会いしました!

 
 
竹蔵 外観
この記事を書いている人 - WRITER -
y-hey(上田洋平)
ブロガー・アウトドアライフクリエイターとして キャンプ、登山、旅行等の記事を通じて ”人生を120%楽しんでもらいたい”と考えている男です。 2児の父ですが単独で南米最高峰アコンカグアや アフリカ最高峰キリマンジャロをフルサイズ一眼レフカメラを抱えて登ったり(普段は自称イクメンです)空手もやってる多趣味な男です。 ブログは2005年から書いています。(当サイトは2015年からです) 2017年11月にテレビ出演し、2018年5月には10万PV突破しました!
詳しいプロフィールはこちら
 

いつも当ブログを読んでいただきありがとうございます。
ブログを12年書いているy-heyです。

私がこっそりブログの師匠と(一方的に)思っている
ものくろさんからお誘い頂いたため、
2017年4月23日(日)に名古屋から明石まで日帰り
オフ会「竹蔵祭り2017春」に参加してきました!

 

このオフ会の「竹蔵祭り2017春」というのがすごいメンバーの方ばかりいらっしゃって
主催者のどんぴさん
年間1,000万PV(ページビュー、ブログの閲覧数)を誇るプロブロガー、
たちさんこと立花岳志さんにもお会いしました!

 

 

それではその様子を振り返ってみましょう!

 

Sponsored Links

名古屋〜明石〜竹蔵

竹蔵祭りは昼開催でしたので
午前中に名古屋から新幹線に飛び乗り、一路「西明石」へ。

西明石駅1

名古屋から西に向かう新幹線に乗るのは
5年以上ぶりだったため、いつもと景色が違ってました。

西明石駅2

 

そこからはJRに乗り換え、一駅で明石駅へ到着。

明石駅

乗り換えで手間取ることを考えて1時間ほど余裕をみていたため
この時間で明石に来たなら明石焼きを食べないと!
ということで明石焼きを食べました。

これについては別記事で書きますね。

 

そしてちょっとお腹を満たしたあと、
明石駅のバスターミナルでものくろさん達にばったり出会います。

明石駅バスターミナル2

そしてバスに乗車し、竹蔵へ。

竹蔵へのバス内

 

Sponsored Links

竹蔵祭り

明石駅からバスで約15分、「日向前」で下車。
バスを降りて2〜3分歩けば
ブロガーにとって西の聖地と呼ばれる
「竹蔵」に到着です!

竹蔵 外観

入口ではどんぴさんが
ものくろさんやy-heyを出迎えてくださり
まずは自己紹介。。。

そして中に入ると、ものくろさん以外は誰も知る人がいない中
席に座ります。

 

しかもその席は、

なんとプロブロガーの立花岳志さんの隣!

 

めっちゃ緊張!

な状態の中、花粉症でやられたかすれ声で自己紹介。

今までもセミナーに2回参加していますが
何冊も本を書いておられる方ですし、
直接お話ししたことはありませんでした。

名古屋で2回セミナーに参加したこと、
たちさんのブログの更新頻度がすごい(平均 3回以上/日 更新)です
ということをお伝えしました。

 

他の方々もすごい方ばかり集まっていたため
とにかく名刺を配りまくりました(笑)

界王様にも会えましたし(笑)

 

当日の料理の写真を撮る余裕はありませんでしたので
ものくろさんの記事を参照して下さい。

https://mono96.jp/archives/30468

新鮮が魚介類が最高でした!

 

Sponsored Links

2次会にも参加

その後は16時過ぎに「竹蔵祭り2017春」
お開きになりましたが
その後も有志メンバーで2次会へ。。。

名古屋から来ているため帰りの時間が気になるy-heyですが、
せっかくの出会いですので2次会にも参加!

 

多くの方々と楽しくお話することができました。
ありがとうございました。

どんぴさん超面白ろかったです。

 

Sponsored Links

まとめ

名古屋から日帰りで明石までオフ会のためだけに移動して
飲んでくるという、人生初の体験をしました。

 

そして多くの方々と知り合うことができました。

今回知り合えた方々とのご縁を大切にしていきたいと思います。

 

また、このような会に参加する機会をくれた
ものくろさんに感謝です。

 

 

最後までお読み頂き本当にありがとうございました。

 

登山を始める時に知っておくべきノウハウを無料で配布しています。

文字数17,000文字以上の大ボリュームE-bookです。

登山歴10年以上で海外の山々にも登った私の経験をまとめました。

是非あなたの登山にお役立てください。

今のうちにゲットしてください。

ここでは言えない『超豪華特典』が付いています。

詳しくはE-bookの最後で。

登っちゃえば? 登山の教科書

この記事を書いている人 - WRITER -
y-hey(上田洋平)
ブロガー・アウトドアライフクリエイターとして キャンプ、登山、旅行等の記事を通じて ”人生を120%楽しんでもらいたい”と考えている男です。 2児の父ですが単独で南米最高峰アコンカグアや アフリカ最高峰キリマンジャロをフルサイズ一眼レフカメラを抱えて登ったり(普段は自称イクメンです)空手もやってる多趣味な男です。 ブログは2005年から書いています。(当サイトは2015年からです) 2017年11月にテレビ出演し、2018年5月には10万PV突破しました!
詳しいプロフィールはこちら

Sponsored Links

Sponsored Links

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 登っちゃえば? , 2017 All Rights Reserved.