愛知の紅葉スポット 王滝渓谷 散策記 〜梟ヶ城址(ふくろうがじょうし)コース編〜

王滝渓谷 梟ヶ城址展望台
スポンサーリンク

いつも当ブログを読んで頂きありがとうございます。

アウトドアライフクリエイターのy-heyです。

 

前回の記事では愛知の紅葉スポットでハイキングもできる場所である

王滝渓谷の散策記第1弾として2015年に歩いた「らくらくコース」を紹介しました。

(参考記事:愛知の紅葉スポット 王滝渓谷 散策記 〜らくらくコース編〜

 

2015、2016年とそれぞれ違うルートを家族で散策したので

今回は2016年11月6日に行った、やや健脚者向けコースである

梟ヶ城址(ふくろうがじょうし)コース」を紹介します!

 

日時:2016年11月6日(日)

歩いたルート:梟ヶ城址(ふくろうがじょうし)コース:約3時間

①王滝渓谷駐車場 ~ ⑥梟ヶ城址展望台 ~ ③歌石園地 ~ ④椿木園地

~ ③歌石園地 ~ ②龍門橋 ~ ①王滝渓谷駐車場

王滝渓谷散策マップ

(参考:王滝渓谷HPより)

 

メンバー:

y-heyファミリー: y-hey 37歳(男)、妻 ?歳(女)、長男(7歳)、次男(1歳)

うちの次男は1歳ですのでy-heyがベビーキャリーで背負って運びました。

キッドコンフォートⅢで寝る子供

昼食前にキャリーバッグを下ろしたところです。見事に寝てます(笑)

でも寝ると重くなるんです・・・

 

散策記

王滝渓谷駐車場

ここは無料で駐車ができ、トイレも完備しています。

王滝渓谷駐車場 王滝渓谷駐車場トイレ

まずはここに車を停めてハイキングの準備を整えます。

 

そして今回は梟ヶ城址経由コースを進みますので

駐車場にあるこの急な階段を登ります。

王滝渓谷 駐車場 梟ヶ城址コース入口

 

そしてその後はひたすら石の階段を登っていきます。

王滝渓谷 梟ヶ城址コース1

 

登っていきます。

王滝渓谷 梟ヶ城址コース2

 

まだまだ登っていきます。

王滝渓谷 梟ヶ城址コース3

 

そろそろベビーキャリーを背負って自分に負荷をかけている

y-heyの体から汗が噴き出してくるころ、休憩地点へ到着します。

ここまでは一本道でルート明瞭ですので特に道に迷うことは無いかと思います。

王滝渓谷 梟ヶ城址コース4

しかしこの休憩地点からあと5分くらいのところが

目指す梟ヶ城址(ふくろうがじょうし)展望台ですので

ここは歩を休めず進みます。

 

梟ヶ城址(ふくろうがじょうし)展望台

すると視界が開け、

王滝渓谷 梟ヶ城址コース5

 

紅葉も見えるようになったら

王滝渓谷 梟ヶ城址展望台 紅葉

 

梟ヶ城址(ふくろうがじょうし)展望台に到着です!

王滝渓谷 梟ヶ城址展望台

 

お昼ご飯はおにぎりとカップヌードルです!

王滝渓谷 梟ヶ城址展望台で食事1

お水はナルゲンボトルに入れてきました!

王滝渓谷 梟ヶ城址展望台で食事2

山の中で食べるラーメンは何故こんなに美味しいのでしょうか?

 

とにかく美味しいラーメンで空腹を満たしたあとは

梟ヶ城址展望台を後にします。

 

割れた大石を横に見ながら下りルートを進み、

歌石園地へと向かいます。

王滝渓谷 梟ヶ城址展望台 大石

 

下りも最初は緩やかな下りですが、

王滝渓谷 梟ヶ城址コース 下り1

 

途中からは結構急な下り坂も登場します。

王滝渓谷 梟ヶ城址コース 下り2

途中、ハイヒールを履いて上がってくるカップルがいましたが

ちょっとこのコースにハイヒールは危険だと思います。

若いって勢いで結構行っちゃいますからねぇ。

 

歌石園地

険しい下りを終えると歌石園地にでます。

王滝渓谷 歌石園地1 王滝渓谷 歌石園地2

トイレもありますのでここで休憩できます。

王滝渓谷 歌石園地3

しかし我々は見晴らしの良い椿木園地を休憩地点にしたいためさらに先へ進んでみます。

 

椿木園地

歌石園地から東へ進むと中之瀬大橋に着きます。

王滝渓谷 中之瀬大橋 紅葉

この橋から眺める紅葉の綺麗さは抜群ですが

2016年11月6日時点ではまだ紅葉し始めでした。

 

ちなみにこちらは2015年11月15日の中之瀬大橋。紅葉の見頃です。

王滝渓谷 中之瀬橋 紅葉

 

 

さらに進むと見晴らしの良い椿木園地に着きます。

王滝渓谷 椿木園地

ここは広々とした雰囲気ですので昼食にお弁当を食べたりするのに最適な場所ですが

我々はすでに昼食を食べたため、コーヒーを沸かして飲んで休憩し、踵を返します。

 

椿木園地 〜 歌石園地 〜 龍門橋 〜 王滝渓谷駐車場

帰りは前回紹介したらくらくコースのルートで帰りました。

(参考記事:愛知の紅葉スポット 王滝渓谷 散策記 〜らくらくコース編〜

 

駐車場に着いた後はベビーキャリーで背負っていた

うちの次男もリラックマのぬいぐるみと一緒にご満悦の様子です。

ご満悦の子供

 

まとめ

今回は王滝渓谷の「梟ヶ城址(ふくろうがじょうし)コース」を紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

このコースは登り、下りの高低差が結構あるので

前回紹介の「らくらくコース」では物足りない健脚の方には最適な場所です。

 

この記事を読んであなたの紅葉ハイキングライフがちょっとだけ豊かになれば幸いです。

最後までお読み頂き本当にありがとうございました。

 

王滝渓谷の紹介記事

王滝渓谷 愛知で子連れ紅葉ハイキングができる穴場スポットの紹介!
2016年11月6日(日)に愛知の紅葉スポットでハイキングもできる場所である 王滝渓谷へ行ってきました!2016年は11月上旬時点ではまだ紅葉は色づき始めでしたが11月中旬~下旬にかけて見頃を迎えますので紅葉で有名な香嵐渓は綺麗だけど渋滞が大変・・・なんていう方へもオススメのこの場所をさっそく紹介したいと思います。

 

今回紹介のハイキングコースが載っている本

 


スポンサーリンク
王滝渓谷 梟ヶ城址展望台

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

y-hey

アウトドアライフクリエイターとして 多くの人にキャンプ、登山、旅行 について興味を持ってもらい ”人生を120%楽しんでもらいたい” と考えている男です。 2児の父ですが 単独で南米最高峰アコンカグアや アフリカ最高峰キリマンジャロ を一眼レフカメラと共に登ったりしてます。 (普段は自称イクメンです) ブログは11年書いてまして空手もやってる 多趣味な男です。 もし記事を読んで「役に立った」「面白そう」「笑えるわー」 と思われた方は、いいね、ツイート、はてぶ していただけますと更新の励みになります。 よろしくお願いします!