初めてのフルコン空手の試合を終えて 〜親父の背中〜

親父の背中
スポンサーリンク

いつも当ブログを読んでいただきありがとうございます。

とうとう決着のついた初のフルコン空手の試合、

若さ溢れる20歳の若者に敗北を喫したのですが、

初めてのフルコン空手の試合、決着!
いよいよ始まった人生初のフルコン空手の試合、突きのラッシュの攻防を続けた前半戦の模様を前回はお伝えしました。今回は試合後半、そしてとうとう決着編です。

 

37歳の私は

「これが若さか・・・」

クワトロ大尉 これが若さか

(Zガンダム クワトロ大尉 語録より)

 

と言わんばかりの状態でした。

 

しかし初の空手の試合を終えてみて

色々と思ったことがあったのでまとめてみます。

 

基本稽古がすべての土台

基本稽古は“基本”と言われるだけあって

すべての動きの土台になります。

 

基本稽古(突き、蹴り、受け)がしっかりマスターできていると

それが試合でも自然とその動きができます。

 

逆に基本の動きができていないと当然ながら

試合ではうまく体重を乗せた突きや蹴りを繰り出すことができません。

 

以前、試合で勝つために必要なこととして

試合に向けた稽古の中で学んだ3つの大事なことを書きました。

フルコン空手の試合で勝つために必要なこと その1「威力のある攻撃をする」
人生初のフルコンタクト空手の試合に向けて、先月からの稽古で先生や先輩方に教わった、試合で勝つために必要なことについてまとめてみます。
フルコン空手の試合で勝つために必要なこと その2「防御をしっかり行う」
先月からの試合に向けた稽古で先生や先輩方に教わった、 フルコンタクト空手の試合で勝つために必要なことについてまとめてみます。今回お伝えするのは「防御をしっかり行う」ということです。
フルコン空手の試合で勝つために必要なこと その3「持久力をつける」
フルコン空手の試合では持久力って相当大事です。 なぜなら試合時間というのは大人の一般部の試合では 本戦2分、延長1分とか長いと本戦3分なんてものあります。 この時間の間中、相手と戦うというのは思っているより長いのです。

 

しかしこれが試合本番になると全くと言っていいほど

できていなかったように思います。

 

これをしっかりと今後の組手の練習で意識して組手の実力を向上させたいです。

 

 

自分の実力はまだまだと改めて認識

普段稽古をやっていて組手をやる時、先輩達は

私の実力に合わせて手加減をしてくれていましたが

試合となると、当然相手は全力でかかってきます。

 

そして自分も全力を出し切るわけですが

この全力を出し切った試合をやった際、

いかに自分の実力が未熟かを思い知らされました。

 

ガンガンラッシュで突きや下段回し蹴りを出してくる相手に対して

それを受けでさばいて回り込んで反撃!

というように試合の流れを自分で作っていかないといけませんでした。

 

今回は完全に相手のペースに合わせて自滅。。。

次回からは冷静な試合運びができるようにしたいと思います。

 

 

組手の実力が飛躍的に伸びた

そうは言っても組手の実力は伸びた実感があります。

 

白状しますと、実は結構勢い半分で

「空手を始めて4年目だし、今年は試合にでも出てみるかな」

と軽い気持ちで試合に申し込みをしました。

 

その後あんなに吐きそうになるくらいの稽古が待っているとも知らずに・・・

 

それまでは週に1回稽古に通うかどうかのゆるいペースで

空手の稽古に通っていたのですが、試合1ヶ月前は週3回とマメに稽古に通い、

先生がインフルエンザで休講になってしまった時も、

先輩に来てもらって自主練という形で稽古をしました。

 

やはりそれだけ集中的に稽古に通ったおかげか

自分の組手の実力は飛躍的に向上しました。(とはいってもまだまだですが・・・)

 

このことから

 

・何事も集中して取り組むこと

・自分の実力からちょっと背伸びしてやっと届くゴールを設定すること

 

が自己を成長させるポイントかなと感じました。

 

 

まとめ

このような何もかも初めての状況で、まさに自分の“快適領域”の外での活動は

緊張しますがそれが自己の成長につながります。

 

また、自分の長男(6歳)にも同じ空手の道場に通わせているのですが

その長男から

 

「パパかっこよかった」

 

と言われたのが一番うれしかったです。

 

親父の背中を見せられたかな?

 

 

 

最後までお読みいただき本当にありがとうございました。


スポンサーリンク

親父の背中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

y-hey

アウトドアライフクリエイターとして 多くの人にキャンプ、登山、旅行 について興味を持ってもらい ”人生を120%楽しんでもらいたい” と考えている男です。 2児の父ですが 単独で南米最高峰アコンカグアや アフリカ最高峰キリマンジャロ を一眼レフカメラと共に登ったりしてます。 (普段は自称イクメンです) ブログは11年書いてまして空手もやってる 多趣味な男です。 もし記事を読んで「役に立った」「面白そう」「笑えるわー」 と思われた方は、いいね、ツイート、はてぶ していただけますと更新の励みになります。 よろしくお願いします!