聖岳(ひじりだけ)登頂を目指して【南アルプス 聖岳登山⑨】

小聖岳から富士山3
スポンサーリンク

聖岳(3,013m)の頂上を目指す途中で見た景色がすごい!

 

いつも当ブログを読んでいただきありがとうございます。

アウトドアライフクリエイターのy-heyです。

 

2015年のシルバーウィークに登った南アルプス聖岳(ひじりだけ)登山

の山幸記(さんこうき)、前回は山小屋のテント場で

テント泊をしたお話と秋山登山の服装についてお話しました。

(参考記事:秋の登山の服装オススメと聖平小屋でテント泊【南アルプス 聖岳登山⑧】

 

今回からはいよいよ山頂を目指しますよー!

 

聖岳登頂へのルート

ルートとしては聖平小屋を出発して薊畑(あざみばた)に出て

ザックをデポ(置いていくこと)し、そこから軽荷で小聖岳を越えて、聖岳を目指します。

聖平小屋〜聖岳 ルート

ちなみに↑に貼り付けた地図はヤマケイオンラインの「ヤマタイム」というサービス。

登録されている山は現時点では限られていますが有名な山なら地図を参照できるだけでなく、

コースタイムの算出(標準コースタイムに1.2倍とかかけれる)

や登山計画書まで作れるという便利すぎるサービスです。

これがすべて無料だというのだから登山する人は使わないと損です。

登山地図&計画マネージャ「ヤマタイム」 – 主要登山地の登山道のコースタイムや注意点がわかる! – Yamakei Online / 山と渓谷社

 

 

聖平小屋(ひじりだいらごや) 〜 薊畑(あざみばた)

朝は3時に起きて簡単な朝食

(この日はフルーツグラノーラとナッツを混ぜたもの+カロリーメイト)

を済ませます。

 

その後夜明け前の暗闇の中、素早くテントを撤収し

4時15分くらいに出発!

相棒のコアラ君を撮ったのですがヘッドライトで神々しくて

心霊写真のようになってしまっています(汗)

聖平小屋を出発!

 

その後は聖平小屋から若干登って約30分、分岐点でザックをデポする

薊畑(あざみばた)に出ます。

夜明け前の薊畑

 

ここで以前の記事にも書いた通りザックをデポします!

(参考記事:聖岳登山で薊畑にザックをデポして時間短縮!【南アルプス 聖岳登山⑤】

 

薊畑(あざみばた) 〜 小聖岳(こひじりだけ)

軽荷になった我々はまずは小聖岳を目指します。

途中、夜が明けようとしている時、登山道から見えたのは・・・

夜明け前で見える山は?

日本といえばこの山と言われる特徴的な形の独立峰の山。

写真の真ん中に小さく写ってるあの山ですよ!

もうわかりましたよね?わからない人は記事の後半をお楽しみに(笑)

 

また、一本だけ木が立っていてなんか雄大な感じだったので

こちらも写真に撮ってしまいました。

夜明け前の一本木

 

その後はロープの難所を越えていくと

小聖岳登山道ロープ

 

 

小聖岳が見えてきました!

小聖岳

 

そこからも登って、小聖岳の山頂に到着!

小聖岳山頂

 

さて先ほど暗くて見えなかった方も、この小聖岳から奥の方に見える山が

わかるかと思います。

そう、この写真を撮っている場所は南アルプスの最南端の3,000峰

ということは「富士山」が近いんですね。

小聖岳からの富士山1

 

 

ちなみに拡大してみるとこんな感じです。

小聖岳から富士山2

 

小聖岳から富士山3

朝焼けの雲と晴れ間とのコントラストが言葉では言い表せない凄さを放っています。

 

小聖岳だけでこれだけ凄い景色が見れるなら

親分?の聖岳ではどれだけ凄いんだろう?

 

次回へ続きます!

 

この記事を読んであなたのアウトドアライフがちょっとだけ豊かになれば幸いです。

最後までお読み頂き本当にありがとうございました。

 


スポンサーリンク

小聖岳から富士山3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

y-hey

アウトドアライフクリエイターとして 多くの人にキャンプ、登山、旅行 について興味を持ってもらい ”人生を120%楽しんでもらいたい” と考えている男です。 2児の父ですが 単独で南米最高峰アコンカグアや アフリカ最高峰キリマンジャロ を一眼レフカメラと共に登ったりしてます。 (普段は自称イクメンです) ブログは11年書いてまして空手もやってる 多趣味な男です。 もし記事を読んで「役に立った」「面白そう」「笑えるわー」 と思われた方は、いいね、ツイート、はてぶ していただけますと更新の励みになります。 よろしくお願いします!