整体のカリスマ 古藤格啓先生が語ったカラダのねじれを取るナンバ歩きとは?

古藤格啓先生
スポンサーリンク

いつも当ブログを読んでいただきありがとうございます。
卒業式の時に緊張して
同じ側の手と足が出てしまったy-heyです。

 

前回の記事で「野望の会 in 名古屋城」に参加し
熱い野望を語ったことを書きましたが

野望の会 in 名古屋城 本丸御殿の中心で叫んだ野望とは?

この野望の会の行われる前のセッションとして
カリスマ整体師、古藤格啓(ことう ただひろ)先生から

「歴史や習慣から考える日本人の体の使い方」

について説明して頂きました。

 

ものすごく勉強になるセッションでしたが
今回はその中から、カラダのネジレが気になる方
昔の日本人のカラダの使い方から
おすすめのちょっとした対策法をお伝えします。

 

現代人のカラダはネジレている?

通常、我々は歩く時、
無意識に右足を前に出したら
左手も前に出ますよね?

これはカラダがバランスを
取ろうとするからなのですが
腰の向きはどうでしょうか?

斜め右を向いているかと思います。

 

右足が前に出ているのに
腰が斜め右に向いている、
ということは
腰がネジレているというわけなのです。

 

歩くだけならまだしも、
ジョギングやマラソンで
走ったらネジレた状態で体重の数倍の負荷
かかるのでカラダにとって良くないようです。

 

カラダのネジレを取る、「ナンバ歩き」

ここで昔の日本人の歩き方である
「ナンバ歩き」をみてみましょう。

「ナンバ歩き」とは
同じ側の手と足を同時に前に出す歩き方です。

右手と右足、
左手と左足、
を同時に前に出します。

よく卒業式の時に緊張して
同じ側の手と足が同時に出てしまう人がいましたよね?

あれが「ナンバ歩き」です。

関連情報:日本人古来の歩き方?アスリート達の活躍により「ナンバ歩き」が見直されている!

 

この歩き方を少しやってみるだけで
カラダのネジレが取れるそうです。

 

しかも足にかかる負担が少なくなるそうですので
私は登山の時(特に急斜面を登る時)に
使えそうですしやってみようと思います。

 

まとめ

今回は古藤格啓先生のセッションから
教わった大切なこととして

カラダのネジレを取る
「ナンバ歩き」について
お伝えしましたがいかがでしたでしょうか?

 

実は他にも

  • 現代人はスマホを見すぎで下を見すぎなのでたまには空を見上げる
  • 粗塩でミネラル補給
  • 正座はカラダを悪くする?
  • ストレッチをやってはいけない?

 

などなど、興味深い話しを聞くことができました。

 

 

y-hey

空手をやっているので
足のストレッチはやってるんだけどなぁ・・・

 

とは言えませんでしたが
とても参考になりました!

 

頭蓋骨からカラダ全体を見て施術してくれる
カリスマ整体師、古藤格啓先生は
東京でソレシカという整体サロンを運営されています。

 

気になる方はぜひ訪れてみて下さい!

整体サロン ソレシカHP

 

この記事を読んであなたのウォーキングライフが豊かになれば幸いです。

最後までお読み頂き本当にありがとうございました。


スポンサーリンク
  
古藤格啓先生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

y-hey

アウトドアライフクリエイターとして 多くの人にキャンプ、登山、旅行 について興味を持ってもらい ”人生を120%楽しんでもらいたい” と考えている男です。 2児の父ですが 単独で南米最高峰アコンカグアや アフリカ最高峰キリマンジャロ を一眼レフカメラと共に登ったりしてます。 (普段は自称イクメンです) ブログは2005年から書いてまして(当サイトは2015年からです)空手もやってる多趣味な男です。 もし記事を読んで「役に立った」「面白そう」「笑えるわー」 と思われた方は、いいね、ツイート、はてぶ していただけますと更新の励みになります。 よろしくお願いします!