キャンプやバーベキューで牛乳パックが便利すぎる!その意外な2つの使いみちとは?

牛乳パック
スポンサーリンク

いつも当ブログを読んでいただきありがとうございます。
アウトドアライフクリエイターのy-heyです。

 

y-hey
今回は牛乳パックのご紹介です!

 

 

・・・

 

・・・

 

えっ?

 

「いつからこのブログは
スーパーの生鮮食品売り場みたいになったんだ?」

 

ですって?

 

いやいやちょっと落ち着いてお話を聞いて下さい。

 

今回はキャンプやバーベキューに
牛乳パックを持っていくと便利
ですよというお話です。

 

一体どう便利なのでしょうか?
紹介していきましょう!

 

牛乳パックはまな板として使える

牛乳パックをまな板に

バーベキューやキャンプではお肉を切ると思いますが
切った後はまな板も汚れてしまい、
後で洗うのが大変ですよね。

 

そこで重宝するのが牛乳パック!

牛乳パックはただの紙では無く、
ポリエチレンというプラスチックで
コーティングされていますので
使い捨てのまな板としての耐久性は十分です。

 

野菜から切り、最後にお肉を切ったら捨てるか、
以下のように着火剤として再利用しましょう!

 

 

牛乳パックは着火剤として使える

牛乳パックの使い道は他にもあります。

着火剤として使えるのです!

 

牛乳パックはポリエチレンというプラスチックで
コーティングされていますので
新聞紙と比べると燃えカスも少なく、長時間燃えてくれます。

 

牛乳パック着火剤の作り方

これは超簡単な3ステップでできます。

 

1. まずは洗って乾かした牛乳パックを用意

牛乳パック

 

2. ハサミで上下に切り込みを入れる

牛乳パックを着火剤に

 

3. 炭の下側に入れて火を点ける

 

 

以上です。めっちゃ簡単にできます。

 

 

y-hey

着火剤無しで炭に火を点けることができれば
周りから「アウトドア慣れした人」として
一目置かれるかもしれません。

 

うまく行った時は「ドヤ顔」でやったぜ感を出すか、
それとも「こんなの普通だよ」といわんばかりに
クールに決めるかはあなた次第です。

きっと周りのメンバーから
羨望の眼差しを浴びるはずです。(はずです。)

 

もし万が一、うまく火が点かなかったら
ポケットに忍ばせておいた着火剤
すばやく出し、炭にひと塗りして
ササッと火をつければあなたの面目も保たれることでしょう。

 

 

スムーズに火を点けて
楽しいバーベキューをお楽しみ下さい♪

 

まとめ

今回は牛乳パックがバーベキューやキャンプで
便利すぎる理由をお伝えしました。

使う用途

  1. まな板
  2. 着火剤

 

まな板としては使い捨てできるため
何枚か持っていけば
料理が終わるたびに捨てられて便利です。

 

着火剤として使う場合は万が一の時のために
ジェル式の着火剤をポケットに忍ばせるのがコツです(笑)

 

うまく使って楽しいバーベキューやキャンプをお楽しみ下さい!

 

この記事を読んであなたのアウトドアライフが豊かになれば幸いです。
最後までお読み頂き本当にありがとうございました。


スポンサーリンク
  
牛乳パック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

y-hey

アウトドアライフクリエイターとして 多くの人にキャンプ、登山、旅行 について興味を持ってもらい ”人生を120%楽しんでもらいたい” と考えている男です。 2児の父ですが 単独で南米最高峰アコンカグアや アフリカ最高峰キリマンジャロ を一眼レフカメラと共に登ったりしてます。 (普段は自称イクメンです) ブログは2005年から書いてまして(当サイトは2015年からです)空手もやってる多趣味な男です。 もし記事を読んで「役に立った」「面白そう」「笑えるわー」 と思われた方は、いいね、ツイート、はてぶ していただけますと更新の励みになります。 よろしくお願いします!