バックパック 防水の理想と現実

常念岳 雨の中の登山
スポンサーリンク

バックパック(ザック)が雨で濡れて中身もびしょ濡れになったなんてことありませんか?

一体どうすれば防水にできるのでしょうか?

常念岳 雨の中の登山

いつも当ブログを読んでいただきありがとうございます。

アウトドアライフクリエイターのy-heyです。

 

今回はバックパック(ザック)の中身を絶対に濡らさない方法をお伝えします!

 

ザックカバーや防水バッグでも中身が濡れる?

ザックカバーをしていればバックパック(ザック)は濡れないと思ってませんか?

実は私も昔は思ってました。

ザックカバーをかぶせていれば絶対にバックパック(ザック)は濡れずに中身も濡れないと・・・

 

以前、北アルプス常念岳に登った時の話です。

雨に降られつつテント場に着いた後に、バックパック(ザック)の中身を取り出してみると

なんと中身はびしょ濡れ!

 

夜に冷えるから着ようと思っていたダウンジャケットもしっかり濡れていました。

その夜はテント場では越せないと判断してその日は山小屋泊に急遽切り替えました。

常念小屋のお世話になります

 

ザックカバーをしていたはずなのに!なぜ?

また防水のスタッフバッグ(小袋)に入れていた救急道具なんかも

しっかりと水が浸みていました。

 

この日以来、私はザックカバーと防水スタッフバッグ

の防水性を信頼しなくなりました。

 

バックパックを完全防水する方法

ではどのようにしてバックパックを防水して中身を水の侵入から守るのか?

その解決法をご紹介します!

 

大型のビニール袋を使う!

写真のようなザックの容量より大きなビニール袋を買ってきます。

90Lビニール袋
ジャパックス スタンダードポリ袋90L透明10枚 P-98
by カエレバ

 

これを、バックパック(ザック)の中に、

グレゴリー バルトロ75L グレゴリー バルトロ75L 2

入れます。

グレゴリー バルトロ75L+ビニール袋

 

これだけで中身が完全防水のザックが出来上がりです!

 

ビニール袋の厚さは0.03〜0.05mmがオススメ

なぜならこれより薄いと破れやすいからです。

かといってあまり分厚いものを買うと今度は重さが気になります。

 

登山に持っていく場合は軽量化というは絶対考えるべきポイントですので

このくらいも厚さがベストです。

 

まとめ

と、いうわけで今回はバックパック(ザック)を防水して

中身を完全に守る方法をお伝えしました。

 

ただこの方法ですとバックパック(ザック)の表面は濡れるので

そこはザックカバーとの併用をオススメします。

 

この記事を読んであなたのアウトドアライフがちょっとだけ豊かになれば幸いです。

最後までお読み頂き本当にありがとうございました。

 


スポンサーリンク

常念岳 雨の中の登山

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

y-hey

アウトドアライフクリエイターとして 多くの人にキャンプ、登山、旅行 について興味を持ってもらい ”人生を120%楽しんでもらいたい” と考えている男です。 2児の父ですが 単独で南米最高峰アコンカグアや アフリカ最高峰キリマンジャロ を一眼レフカメラと共に登ったりしてます。 (普段は自称イクメンです) ブログは11年書いてまして空手もやってる 多趣味な男です。 もし記事を読んで「役に立った」「面白そう」「笑えるわー」 と思われた方は、いいね、ツイート、はてぶ していただけますと更新の励みになります。 よろしくお願いします!