秋キャンプをやる際に考えておくべきこと 〜キャンプ場選び編〜

秋のキャンプ
スポンサーリンク

キャンプするのに実は一番快適な季節である秋。

その快適な秋にキャンプをするにあたって

キャンプ場を選ぶときに考えておくべきことをまとめました。

秋のキャンプ

 

いつも当ブログを読んでいただきありがとうございます。

アウトドアライフクリエイターのy-heyです。

 

キャンプ場選びをするときは

場所、施設の便利さ、周りの施設等など色々と考えるべきことがありますが

秋にキャンプをするときはぜひ以下のことを検討したほうがいいです。

 

 

キャンプ場の標高

秋にキャンプをやるにあたって一番考慮すべきなのはキャンプ場の標高です。

 

標高が100m高くなるにつれて気温は-0.6℃となりますので

標高0mでは20℃なんて快適な気温でも

標高2000mでは-12℃となりますので8℃と寒い気温になります。

 

さらに夜ですと平地でも15℃とかになるこの季節、

2000m地点ですと-12℃で、気温は3℃になります・・・

 

ちょっとそこまで寒いとキャンプが辛いものになってきます。

 

ですのでキャンプ場を選ぶときは、なるべく標高の低いキャンプ場を選ぶと良いでしょう。

目安として300m以下でしょうか。

 

オススメキャンプ場(東海エリア)

標高が低めで東海エリアからサクッといける場所にあって

施設が充実している厳選のオートキャンプ場を紹介します!

 

竜洋海洋公園オートキャンプ場

場所:静岡県磐田市

標高:2.6m

概要:海沿いにあるキャンプ場で海洋竜洋公園内にあるキャンプ場のため

海洋公園の遊具などで子供が遊べます。

また温泉施設もキャンプ場の目の前にあるため非常に便利なところです。

 

福岡ローマン渓谷オートキャンプ場

場所:岐阜県中津川市

標高:300m

概要:施設や区画サイトが充実しています。

付知川の清流が楽しめますが秋だと寒いかも。

 

青川峡キャンピングパーク

場所:三重県いなべ市

標高:180m

概要:広大なサイトがうれしい鈴鹿山脈と清流の青川に囲まれたキャンプ場

 

まとめ

というわけで秋にキャンプをするときには

キャンプ場の標高を調べて、なるべく低いところ(300m以下がオススメ)

を選びましょう!

秋のキャンプ2

 

この記事を読んであなたのアウトドアライフがちょっとだけ豊かになれば幸いです。

最後までお読み頂き本当にありがとうございました。

 

各キャンプ場の標高が載っている本

首都圏周辺
首都圏から行くオートキャンプ場ガイド2015 (ブルーガイド情報版)
実業之日本社 実業之日本社 2015-04-03
売り上げランキング : 20170

by ヨメレバ

 

関西・名古屋周辺
関西・名古屋から行くオートキャンプ場ガイド2015 (ブルーガイド情報版)
実業之日本社 実業之日本社 2015-04-03
売り上げランキング : 162723

by ヨメレバ

 


スポンサーリンク

秋のキャンプ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

y-hey

アウトドアライフクリエイターとして 多くの人にキャンプ、登山、旅行 について興味を持ってもらい ”人生を120%楽しんでもらいたい” と考えている男です。 2児の父ですが 単独で南米最高峰アコンカグアや アフリカ最高峰キリマンジャロ を一眼レフカメラと共に登ったりしてます。 (普段は自称イクメンです) ブログは11年書いてまして空手もやってる 多趣味な男です。 もし記事を読んで「役に立った」「面白そう」「笑えるわー」 と思われた方は、いいね、ツイート、はてぶ していただけますと更新の励みになります。 よろしくお願いします!