暴風の中でも焚き火は燃えるのか? 青川峡キャンピングパークで試した結果

焚き火 in 暴風
スポンサーリンク

いつも当ブログを読んで頂きありがとうございます。
アウトドアライフクリエイターのy-heyです。

2017年4月1日(土)~2日(日)に友人家族と一緒に
2家族(大人4人+子供4人)で
三重県いなべ市にある青川峡キャンピングパークに行ってきました!

 

前回は施設の紹介をしましたが

(関連記事:青川峡キャンピングパーク 西日本屈指の快適キャンプ場 施設の紹介

今回我々が泊まった4月1日の夜は
春一番な風?が吹いたのか
中々の暴風っぷりでした。

 

せっかくの暴風日和でしたので
「暴風でも焚き火は燃えるのか?」
ということを検証してきました。

(木は普通の薪ではなく、2016年末の空手稽古納めの時に
板割りをして割れた板を使用しました)

 

キャンプレポと合わせてお楽しみ下さい。

 

1日目

チェックイン

名古屋方面から車でたったの1時間で着く場所にある
青川峡キャンピングパーク

超便利です!通勤時間とほぼ変わりません。
毎日通えます。

 

キャンプ場の場所が近いため家を朝11時に出発し、
伊勢湾岸道〜東海環状道 東員IC経由で
イオンモール東員に立ち寄り昼食&買い出し。

 

その後、15時頃に無事に青川峡キャンピングパークに到着。
センターハウスの受付にてチェックインです。

青川峡キャンピングパーク センターハウス

 

テント&タープ設営

そこからフリーサイトに移動してテントとタープを設営です。

テントを設営前のひろーい状態から、

青川峡キャンピングパーク フリーサイト 設営前

 

まずはスクリーンタープのリビングシェル ロング Pro.を設営。

青川峡キャンピングパーク フリーサイト 設営後

そしてドックドームPro.6と合体!(合体後の写真は撮り忘れました・・・)

とにかくこれで今宵のねぐらの確保は万全です!

 

夕食はアヒージョ!

ガソリンランタンの点火でマントル(ランタンの内側に付けて燃やすやつ)を
燃やして穴をあけてしまったりと、手間取っている私を横目に
夕食にはアヒージョを他の大人のみなさんが作ってくれました。

キャンプなのでオシャレな皿に盛り付ける代わりに
鍋焼きうどんの器を使用。

見た目はインスタント感がハンパないですが味は最高!
自然の中で食べるアヒージョは本当にウマいです。

青川峡キャンピングパークでアヒージョ 青川峡キャンピングパークでサラダ

その他にもチーズやオイルサーディンを焼いて、

青川峡キャンピングパークで焼きチーズ

バケットに添えれば、最高の美味しさ!

青川峡キャンピングパークでバケット

ここで腹ごしらえをしておいて
暴風の中に焚き火をする気合を入れておきます。

 

暴風の中の焚火

さて、いよいよこの暴風の中で焚き火じゃ!

ということで私の持っている文明の利器、
着火剤様のお出ましであります!

 

 

着火剤が勝つか?

 

 

それとも暴風が火種を一瞬で消し去るのか?

 

 

緊張の一瞬!

 

 

チャッカマンから着火剤へ火を点ける!

 

 

カチッ カチッ (チャッカマンの音)

 

 

 

y-hey
あれ?おかしいな?
火が点かないぞ・・・

 

 

どうやら第1戦目は暴風の勝利のようです!

く、くやしい・・・

 

そして第2戦目ェ!

 

 

 

y-hey
もう一度、風上側に立ってトライだ!

 

 

カチッ カチッ (チャッカマンの音)

 

 

y-hey
よし!点いたぞ!

 

 

というわけで
無事に火をつけることができました。

暴風の中の焚き火 着火後

 

しかしここからさらに風は強くなってきました!

暴風の中の焚き火 強風

このような状況でも焚き火は燃え続けることが可能と判明!

 

 

y-hey家族

焚き火の火って中々消えないんだねー!

 

などと感心している姿が神の逆鱗に触れたのでしょうか?

ここから自然界も本気出してきました

 

 

もうこれは強風ではなく暴風レベルの風。

暴風の中の焚き火 暴風

一体このような暴風の中で焚き火を囲んでキャンプすることに
どのような楽しみを見出すことができるのでしょうか?

 

焚き火 in 暴風

をこれ以上続けるのは

 

「何も楽しくない」

 

と我々は判断し、焚き火を消火し
スクリーンタープの入口をそっと閉じて
タープ内に引きこもり、それぞれのテントへ帰って行ったのでした。

 

 

キャンプ2日目

暴風は去り、朝日を望む

青川峡キャンピングパーク 朝日

長かった夜も明け、朝日を拝むことができました。

それは神が我々をお許し頂いた瞬間でもありました。

2日目は1000円追加料金を払ってレイトチェックアウトにしたため
16時まで滞在してのんびりしていました。

そして快晴の空の下、広場でボール遊びをしてのんびり過ごしたのでした。

 

 

まとめ

というわけで今回は

「暴風の中でも焚き火は燃えるのか?」

を検証した、青川峡キャンピングパークでの
キャンプレポでしたがいかがでしたでしょうか?

 

結論としては、

「暴風の中でも焚き火は燃える」

ことが分かりましたが同時に

「暴風の中、焚き火をしても楽しくない」

ことも判明しました。

 

みなさんが暴風の中で焚き火をする際は参考にして下さい

 

このようなキャンプ時の暴風体験
2016年5月に泊まった滋賀県にある
マキノサニービーチ高木浜のキャンプ以来です。

琵琶湖キャンプin嵐!? マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場①

 

今回の記事では暴風のことしか書かれていない
このキャンプ場ってどうなの?
という方は↓の別記事にて紹介していますのでご覧下さい。

青川峡キャンピングパーク 西日本屈指の快適キャンプ場 施設の紹介

 

この記事を読んであなたのアウトドアライフがちょっとだけ豊かになれば幸いです。
最後までお読み頂き本当にありがとうございました。


スポンサーリンク
  
焚き火 in 暴風

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

y-hey

アウトドアライフクリエイターとして 多くの人にキャンプ、登山、旅行 について興味を持ってもらい ”人生を120%楽しんでもらいたい” と考えている男です。 2児の父ですが 単独で南米最高峰アコンカグアや アフリカ最高峰キリマンジャロ を一眼レフカメラと共に登ったりしてます。 (普段は自称イクメンです) ブログは2005年から書いてまして(当サイトは2015年からです)空手もやってる多趣味な男です。 もし記事を読んで「役に立った」「面白そう」「笑えるわー」 と思われた方は、いいね、ツイート、はてぶ していただけますと更新の励みになります。 よろしくお願いします!