【あなたは大丈夫?】Google analytics でPV ダブルカウントしてませんか?

PVダブルカウント
スポンサーリンク

いつも当ブログを読んでいただきありがとうございます。
ブログ歴12年のy-heyです。

ブログを書いていると気になるのが
自分のブログのページが
どれくらい読まれているか、
いわゆるPV(ページビュー)です。

 

通常はGoogle analyticsのトラッキングコードやトラッキングIDを
サイトに埋め込んで設定しますがトラッキングIDを複数の場所に埋め込んでしまうと
カウントを重複(ダブルカウント)してGoogle Analyticsが計算してしまいます。

y-hey
私は過去に、ダブルカウントどころか
トリプルカウントされる設定をしていて
ぬか喜びしていたため、みなさんもそのようなことが無いように
確認しておくべき項目をお伝えします。

 

Google Analyticsを設定していない人は
ブログマーケッターJUNICHIさんのページを読めば
まるで教科書のような解説で設定方法が一目瞭然です。

まるで教科書!初心者のためのGoogleアナリティクスの使い方【絶対保存版】

 

PVをダブルカウントしているかどうかの確認方法

直帰率で予測をつける

まず、あなたのGoogle Analyticsの画面で
「直帰率」を確認してみて下さい。

直帰率とは、サイトを訪れてくれた人(ユーザー)が訪問した最初の1ページだけを見て、
他のサイトに行くか、ブラウザを閉じてしまった割合です。

 

一般的なブログの直帰率の目安は70〜90%台と言われています。

出典:http://webuma.net/bounce-rate

 

その直帰率が5%とか1ケタ台だと
ダブルカウントが疑われます。

 

HTMLソースで確認する

直帰率を確認して怪しいと感じた方はHTMLソースを見てみましょう。

ブラウザのGoogle Chrome を使えば簡単にできます。

 

※インストールしていない方は無料のブラウザですので
↓からインストールして下さい。

 

Chromeを使って自分のサイト
(どのページでもOK)を開きます。

ページ内のどこでもよいので
右クリック→「検証」を選択

Chrome 検証

 

するとページのソースが表示されます。

Chrome 検証 ソース表示

 

ここで「なんだこれ!」と慌てずに
落ち着いてから

Macの場合「commend + F」
Windowsの場合「Ctrl + F」

を押して検索欄を表示させます。

 

その後「UA-」と入力します。

Google analytics トラッキングコード数確認1

 

「UA-」での検索結果が複数出るかもしれません。

その後、自分のGoogle analyticsのトラッキングIDである「UA-XXXXXXXX-X」で再検索すると
↓の図のように「検索結果数」の欄が「1」になっていることを確認して下さい。

Google analytics トラッキングコード数確認2

 

もしここまで確認して
検索結果欄が「1」より大きい数になっている場合、
トラッキングID、もしくはトラッキングコードが複数含まれている可能性があります。

つまり、誰かが自分のサイトを見てくれた時、

通常:1回見ると、1PV(ページビュー)とカウント
重複:1回見ると、2PV、3PVとカウント

されてしまいます。

 

一体どこでそんな設定したのでしょうか?

次はGoogle analyticsのトラッキングIDを
設置した場所を確認する方法を説明します。

 

Google analytics トラッキングIDの埋め込み場所を確認する方法

パターン1. header.phpにトラッキングコードを埋め込み

プラグインやテーマを入れずにやる、最も基本的な方法です。

 

WordPressの管理画面の左側メニューから

外観 → テーマの編集 を選択します。

テーマの編集

 

header.php を選択します。

header.phpを選択

 

※もしheader.php が表示されない場合は
子テーマを選択しているかもしれません。

子テーマについて解説している関連記事
WordPress(ワードプレス)で子テーマを設定する方法【X serverの場合】

 

その場合は↓の画面の 編集するテーマを選択の右側部分をクリックし、

テーマの編集 テーマ選択

一旦親テーマ(この場合はhummingbird)を選択します。

テーマの編集 テーマ選択2

 

header.php が表示されたら、

Macの場合「commend + F」
Windowsの場合「Ctrl + F」

で検索窓を出し、「UA-」と入力して
自分のトラッキングIDが入っているか確認します。

トラッキングIDを確認

 

パターン2.プラグインでトラッキングIDを入力

All in One SEO というプラグインにはホントに便利で
Google AnalyticsのトラッキングIDを入れて設定することもできます。

 

WordPressの管理画面 左側のメニューから

All in One SEO → 一般設定 を選択

All in One SEO Packの設定

 

下のほうに画面をスクロールすると
「Google設定」のグループがあるので、
その下にGoogle アナリティクスIDを入力する欄があります。

All in One SEO PackのトラッキングID埋め込み

 

パターン3.テーマでトラッキングIDを入力

テーマによってはGoogle AnalyticsのトラッキングIDを入力する箇所があります。

例えば当ブログで使用しているテーマ、「ハミングバード」の場合を説明します。

 

WordPress管理画面 左側メニューから

外観 → カスタマイズ を選択

外観カスタマイズ

 

アクセス解析コード を選択

アクセス解析コード 設定

 

Google Analyticsタグ欄に
トラッキングIDを入力してあります。

Google Analyticsタグ入力欄

 

だいたい大きく分けて上記の3パターンになります。

もし2つ以上設定している場合は
どれか1つだけ残して、
他の部分のトラッキングIDは消去しましょう。

 

これでPVのダブルカウント(重複)を修正することができました!

 

まとめ

今回はGoogle Analytics PVダブルカウントの確認方法と修正方法について
お伝えしましたがいかがでしたでしょうか?

直帰率を確認するだけでも
ダブルカウントかどうかおおよそ判断がつくと思います。

y-hey
やったー!いきなり1日1,000PV達成だー!

というのが ぬか喜びにならないように願っております。

 

この記事を読んであなたのブログライフが豊かになれば幸いです。
最後までお読み頂き本当にありがとうございました。

 


スポンサーリンク
  
PVダブルカウント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

y-hey

アウトドアライフクリエイターとして 多くの人にキャンプ、登山、旅行 について興味を持ってもらい ”人生を120%楽しんでもらいたい” と考えている男です。 2児の父ですが 単独で南米最高峰アコンカグアや アフリカ最高峰キリマンジャロ を一眼レフカメラと共に登ったりしてます。 (普段は自称イクメンです) ブログは2005年から書いてまして(当サイトは2015年からです)空手もやってる多趣味な男です。 もし記事を読んで「役に立った」「面白そう」「笑えるわー」 と思われた方は、いいね、ツイート、はてぶ していただけますと更新の励みになります。 よろしくお願いします!